東京で利用可能な生協のお弁当宅配は?コープデリと東都生協の夕食宅配を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

お弁当宅配

「仕事が忙しくて、どうしても夕食作りに時間が掛けられない」や「健康的な夕食を手間なく食べたい」という時、定期的にお弁当を自宅まで届けてくれる夕食宅配の出番です。

東京都内では以下の生協がありますが、

その中で、夕食宅配が利用できるのはコープデリ東都生協だけに限られています。

コープデリと東都生協のお弁当宅配を徹底比較

一口で「生協のお弁当宅配」と言っても、献立や利用方法はそれぞれ異なります。

今回は以下の4つの項目で、コープデリと東都生協の夕食宅配サービスを比較してみました。

利用コースと料金

コープデリ

舞菜おかず

おかず6品。
家庭の献立をお手本にした、バラエティに富んだ「おかず」のみのコース。
1食あたりカロリー400kcal、塩分4g以下。

1食:3,061円(1食あたり612円)
2食:5,869円(1食あたり587円)

舞菜御膳

おかず8品。
1食あたりカロリー500kcal、塩分4g以下。

肉・魚・卵などメインとなる食材と、約150gの野菜を使用した献立で、多品目&ボリューム感があります。

1食:3,672円(1食あたり734円)
2食:7,090円(1食あたり709円)

舞菜弁当

ご飯+おかず5品。
1食あたりカロリー500kcal、塩分3g以下。

野菜と海藻類を積極的に取り入れた栄養バランスが良い献立で、カロリーや生活習慣病が気になる人、高齢者向けのメニューになっています。

1食:2,808円(1食あたり561円)
2食:5,362円(1食あたり536円)

【冷凍弁当】
内容の異なる冷凍お弁当2種類1セットでお届け。
消費期限を気にしなくて良いので、昼食や土日のご飯にも便利です。

1セット2種類:1,007円


東都生協

【おかずコース】

おかずコース

おかず5品目。
「ご飯は自宅で炊けるので、おかずだけ用意して欲しい」と言う人向け。

1食:2,905円(1食あたり581円)
2食:5,250円(1食あたり525円)

【国産応援御膳】

国産応援御膳

おかず5品目。
東都生協の産直肉を使用。国産野菜の使用率を高めた「おかずのみ」のお弁当。

1食:3,790円(1食あたり758円)
2食:7,580円(1食あたり758円)

※お弁当コースやおかずコースとは異なり、複数割引はありません。

【お弁当コース】
おかず5品目+ご飯150g。
栄養バランスに配慮しながらボリューム感あるコースです。

1食:2,905円(1食あたり581円)
2食:5,250円(1食あたり525円)


コープデリと東都生協の共通点は以下のとおり。

○出来立てのお弁当を急速冷却後、冷蔵状態でお届け。電子レンジで加熱してから食べること。
○お弁当の消費期限は当日22時まで。届いたお弁当は当日中に食べる必要あり。
○夕食宅配の容器は繰り返し洗えるものを使用している為、食べ終わった後はゴミ箱に捨てずに軽く水洗いをして、次回のお届け時に返却。

各コースの料金に大きな差はありませんが、コープデリの方が、おかずの品目がやや多め。日替わりメニューの内容は、どちらも似たり寄ったりなので、良し悪しの判断は難しいですね。

ただしコープデリでは、週1回、毎日の食事に欠かせない卵や乳製品、果物などをお届けする「舞菜ぷらす」や「生野菜サラダ」も利用できるのは大きなメリットです。

宅配エリア

コープデリ

東京都内のほぼ全域。※離島を除く

詳しくは:夕食宅配今後の献立 地域選択 | コープデリの料理キット・夕食宅配(外部リンク)

東都生協

23区 世田谷区、杉並区、中野区、練馬区、板橋区、北区
23区外 全域:三鷹市、武蔵野市、調布市、狛江市、府中市、国分寺市、国立市、多摩市
一部地域:立川市、日野市

宅配エリアはコープデリの方が圧倒的に広いです。

コープデリの宅配エリアは1都5県(東京、埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉)の広範囲をカバーしてます。東都生協の配食エリアは都内に限定。

その為、将来的に別の地域に引っ越すことになっても、コープデリの夕食宅配の方が継続利用しやすいですね。(加入の生協は変更になる可能性はありますが……)。

配達

コープデリ

毎週月~金曜日の週3日から利用可能。祝日の場合は、お届けorお休みが選べます。

火曜日までに申し込めば、翌週月曜日から配達が可能。


東都生協

基本的に毎週月~金曜日の5日単位(祝日、お盆、年末年始は休み)。
国産応援ご膳は、週3日以上での利用が可能で、希望の曜日が選べます。

東都生協に未加入の場合は火曜日まで、加入済みの場合は水曜日までに申し込めば、翌週からの配達が可能です。


使い勝手が良いのは、どのコースも週3回から利用できるコープデリですね。
祝日も配達が可能なので「欲しい時に届けてもらえる」という安心感があります。

コープデリと東都生協で共通する点は以下の通り。

○配達手数料は無料。
○配達ルートが決まっているので、時間帯の指定はできない(18時までに宅配)。
○不在時はお弁当と保冷剤を、保冷箱に入れた状態で指定場所に留置き。
○利用は自動継続。
→個数変更や中止の場合は、前週の水曜日18時30分までに連絡すれば対応してくれる。

支払い方法

コープデリと東都生協ともに、毎月の利用代金を登録口座からまとめて自動的に引き落とされます。どちらもクレジットカードや現金での支払いは利用できません。

既に各生協に加入済みの場合は、同じ登録口座になります。

引き落とし日は異なりますが、言っても「1日違い」。ほとんど差はありません。

コープデリ:20日締め、翌月5日に引き落とし。
東都生協:20日締め、翌月6日に引き落とし。

まとめ

東京都内で利用可能な夕食(弁当)宅配サービスとして「コープデリ」と「東都生協」を比較してみました。

トータルで見ても使い勝手の良さはコープデリが「上」
東都生協はお弁当の内容は良いのですが、宅配エリアが限られるのと、お届けが「お弁当のみ」で、毎日の食事にかかせない食品が注文できないのがデメリットですね。

配達料は無料。利用時はお弁当の代金しかかかりません。
まずはコープデリの夕食宅配を使ってみて「ちょっと違うなー」と思えば、別のお弁当宅配サービスも考えてみる……というのはいかがでしょうか。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや