知らなきゃ損?無農薬野菜 3つのメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

無農薬野菜のメリット・デメリット

無農薬野菜」と聞いてイメージするのは「健康的・高い」という言葉だと思います。一般的なスーパーマーケットではさほど見かけない無農薬野菜ですが、食材にこだわりたい方は決して少なくありません。

そして近年、食生活や野菜にこだわっている人が増えているのは、おいしっくすの利用者数を見れば明らかです。

無農薬野菜にはメリットがたくさんありますが、逆にデメリットも存在します。
あまり知られていない無農薬野菜の良い点・悪い点をまとめました。

無農薬野菜のメリット

安心・安全である

無農薬野菜の一番のメリットは、安全・安心であることでしょう。
通常の農産物には害虫を駆除したり、野菜を病気から守るために農薬が散布されていることは当たり前です。
どれくらいの量の農薬が散布かは検討もつきません。

そのような野菜を毎日食べることで、身体にまったく影響がない保証はできません。

その点、無農薬野菜は「原則的に農薬を使わずに栽培された野菜」として売られているわけですから、通常の野菜とは比較にならないぐらい安心感があり、安全な食べ物だと言えます。

栄養価が高くて美味しい

無農薬野菜は、野菜本来の美味しさを引き出して栽培されるので、みずみずしくて美味しいという意見が非常に多いです。(実際に食べてみるとわかりますが、普通の野菜よりも味がしっかりしていて本当に美味しいです)

また、農薬を使って育てられた野菜よりも栄養価が高く、健康的であることも証明されています。

近年では、農薬を使って育てられた野菜の栄養価が低いことが問題になっていると言われています。一部では、野菜をたくさん食べているはずなのに、どれだけ食べても栄養不足に陥ってしまうという話もあるようです。

無農薬野菜は自然の恵みによって育てられた野菜です。
虫や病気に弱い分、それを日常的に食べることで強い体が作られるという意見もあります。

生産者の顔が見える

一般の野菜と違って、無農薬野菜や有機野菜は「生産者の顔が見える」ように、さまざまなメディアに取り上げられていることが多いです。

オイシックスなどでは、生産者が実際に野菜を栽培している写真や、インタビューを記載することで、より安全性をアピールしています。

◯◯さんが作った無農薬野菜だから安心して食べられる。」という選び方ができるんですね。
これは、一般のスーパーで売られている野菜ではありえないことです、スーパーの野菜には産地は記載されていますが、誰が作ったのかまではわかりません。

無農薬野菜のデメリット

値段が高い

言わずと知れた無農薬野菜の値段。
やはり一般の野菜と比較して約3割ほど価格が高い農産物として知られています。

これは、無農薬野菜の方が栽培が難しく、手間ひまかけて育てているので仕方がありません。
無農薬だと害虫や病気にやられてしまう野菜も増えるので、仕分けの段階で厳選され、出荷できる数も限られます。

しかし、有機野菜と同様に「普通の野菜と違ってすごく美味しい」という意見が多いことも事実です。

無農薬野菜を考えるのであれば、「値段が高い分、安全性と味の良さはしっかりとしている」と割りきって購入するしかありません。

100%無農薬な農産物ではない

やさしい有機野菜の説明でも触れたとおり、有機野菜は100%無農薬とは言い切れないという現状があります。

無農薬野菜は、一般的な農産物に使われている化学肥料や農薬は使わずに栽培していますが、一部「政府が認定している安全な農薬」に限っては使用を認められています。

その他にも、農産物自体には農薬が散布されていなくても、昨年農薬を使って野菜を育てていた場合、農薬の混じった土でできた畑で、無農薬野菜が育てられている残留農薬)ことも考えられます。

また、一部の意見では農薬を使わないことで、野菜自身が害虫から自分の身を守るために「自然の農薬」を体内から分泌する。その「自然の農薬」が身体に悪い。と言う方もいます。(専門家にもさまざまな意見があり、この意見が必ずしも正しいとは言い切れません)

虫食いや形の不ぞろい

無農薬野菜のデメリットとして、「虫に弱い」ことがあります。
これも仕方のないことで、「虫が寄ってくるということは、それだけ安全な野菜であることの証」とも言えますが、やっぱり虫食いや形の不ぞろいは避けたいものですよね。。

有機野菜に虫が混入している可能性を心配するにも書きましたが、大地宅配などの有機野菜業者を利用すると、たまに小さな虫がダンボールの中に混入しているケースがあるようです。

食材宅配業者は、出荷前にしっかりと虫を取り除いてはいるものの、それでもたまに虫が入ってしまい、クレームになるのだとか。

無農薬野菜には、目に見えない小さな虫が付着していることもあるので、食べる前にしっかりと水洗いをする必要があります。

絶対に虫食いがある野菜は食べたくないという方は、無農薬野菜には向いていないのかもしれません。ちなみに、100%無農薬ではないものの、農薬の使用量を半分以下に抑えた減農薬野菜(低農薬農産物)も存在します。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや