便利さや安さに違いあり?パルシステムとコープデリを比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

パルシステムとコープデリを比較

関東圏で利用できる生協の宅配としては「パルシステム」と「コープデリ」が人気を集めています。

利用できる宅配エリアが広いので、住んでいる地域によっては両方のサービスを受けられる人も多いのですが、パルシステムとコープデリにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴から比較してみました。

パルシステムとコープデリの違いを比較

出資金

出資金とは生協に加入・利用する為に必要な入会金のこと。金額は所属の生協によって異なります。脱会時に返金されます。

出資金の仕組みと金額

【パルシステム】
1,000円または2,000円。

【コープデリ】
500円または1,000円。

注文方法

【パルシステム】

インターネット注文「オンラインパル」では、配達日の翌日12時30分まで翌週のお届け分の注文・変更が可能。過去8回分の注文履歴をチェックできたり、お気に入り登録した商品は自動で注文欄に表示できたりと、より買い物がしやすくなっています。

【コープデリ】

インターネット注文「コープデリeフレンズ」では、配達日の翌々日午前2時まで注文・変更ができます。過去の注文履歴も確認の可能。

宅配エリア

パルシステム・コープデリの宅配エリア

【パルシステム】
1都9県(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、福島、山梨、静岡)
→パルシステム東京 、パルシステム神奈川ゆめコープ 、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム山梨、パルシステム静岡

【コープデリ】
1都7県(千葉県、埼玉県、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県)
コープみらい(千葉、埼玉、東京)、いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、コープながの、コープにいがた

商品の品揃えや値段など

生活協同組合(生協、コープ)は地域の組織によって、考え方や食品の取り扱いが異なります。

値段に関しては「パルシステムの方がやや高い」と言われることが多いですが、商品によってはコープデリよりも安い場合もあるなど、一概に比較はできない感じです。

【パルシステム】
産直を中心として、環境に配慮した商品、農薬や添加物をできる限り使わない商品を取り扱っています。

その為「食品の味が良い」「パルシステムでしか買えない商品が多い」とパルシステムの食の安全性や美味しさをメリットに上げる人が多いです。その一方で「市販品が少ない」という意見もありました。

【コープデリ】
商品は美味しい商品から生活に役立つ生活用品まで、毎週2,000品目以上を買いやすい価格で取り揃えています。

利用者の口コミを見ると「品数が多い」「スーパーで売っている商品も買える」「炒めるだけで料理ができる料理キットなどが豊富」「セール時はドラッグストアよりも安くなる」など、普通のスーパーに近い感覚で買い物ができることが評判を集めています。

夕食宅配・レシピ付き食材宅配サービス

【パルシステム】
安心安全のパルシステムの産直野菜や肉をふんだんに使用した夕食宅配のメニューは、7種類以上の惣菜が入った「こだわりパル御膳」5つの惣菜とごはんセットの「ごはん付きタイプ」、6つの惣菜が入った「おかずタイプ」の3つがあります。

他にもフレッシュサラダやカットフルーツ、白ご飯などのサイドメニューも頼めるので、栄養バランスの良い夕食が食べられます。

週3日と週5日、1~2人用と自分の都合に合わせて選べるのがメリットです。夕食宅配が利用できるのは「パルシステム千葉」だけ。東京や神奈川では取り扱いがないようです。

【コープデリ】
コープデリの料理キットは、カット&下ごしらえ済の食材が届くので、袋から取り出してフライパンや鍋で炒めたり温めたりするだけで、あっという間に食事が完成します。チルド商品なので、解凍に時間がかかる心配もありません。

1商品に2~3人分の食材が入っている為、家族で食べ切ったり、1人暮らしの朝昼ご飯にも食材を流用したりするのにちょうど良い量になっています。

夕食宅配は少量のおかずが味わえる「舞菜おかず」、多品種でボリューム感のあるおかずが入った「舞菜御膳」、野菜や海藻類を積極的に取り入れた高齢者にも優しい「舞菜弁当」を週3または週5回、自宅まで届けてくれます。

弁当以外にも卵、牛乳、果物なども一緒に届けてくれる「舞菜プラス」も合わせて利用すると便利です。

宅配手数料(配送料)

宅配手数料(配送料)は利用するコープによって金額が異なります。

無料または割引になる制度は両方にありますが「子どもが小学校入学前まで割引が受けられる」コープデリの方が長い期間お得に利用できます。

【パルシステム】
個人宅配の場合、1回あたりの配送料は194円~216円。

以下の場合は無料または割引が受けられます。

【コープデリ】
個人宅配の場合、1回あたりの配送料は189~210円。

以下の場合は無料または割引が受けられます。

放射能対策

【パルシステム】
食品の放射線については「放射線の被曝はできるだけ減らすべきである」という考え方に基いて、独自のガイドライン(自主基準値)を設定しています。

パルシステムでは精度の高いゲルマニウム半導体検出器を2台導入して、放射能汚染の範囲を考慮して取り扱いのある食品の放射能検査を実施しています。

検出限界値も従来の10Bq/kg(分類により5Bq/kg)から一律3Bq/kgに見直すなど、厳しい姿勢を取っています。検査結果はWebサイトや情報誌でお知らせしています。

【コープデリ】
コープデリでは放射性物質の自主検査を実施しています。

優先的に検査を行なうのは、きのこ、果実、水産物、茶などの検出頻度が高い食品。米、たまご、牛乳、飲料水、乳児用食品、お子様向け食品など、組合員の関心が高い食品が対象になります。

コープデリでは政府の新基準値に対応している為、数値は高めになっていますが、更に検出限界を下げた自主検査を行なっています。

自主検査結果は「放射性物質の自主検査の結果について – コープネット事業連合」で確認できます。

SNSの口コミ

まとめ

パルシステムとコープデリの大きな違いは4つあります。

「添加物や放射性物質が気になるから、なるべく安全な食品を購入したい」「毎日食べる物だから味にはこだわりたい」という人はパルシステム。「スーパーと同じ感覚で利用したい」「夕食宅配や料理キットを頼んで料理作りの時間を短縮したい」という人はコープデリ……という風に使い分けてみると良いです。

利用する生協によって、商品の品揃えやサービスは多少変わってくるので、まずは資料請求をして自分の家庭で使いやすいかどうか検討してみるのが最適だと思います。

おいしっくす
らでぃっしゅぼーや