メリット・デメリット

生協の宅配パルシステムと生活クラブの違いは?品揃えや手数料など徹底比較

パルシステムと生活クラブ

生協の宅配を利用しようと思って調べてみると「パルシステムも生活クラブも使える……」という場合が少なくありません。

パルシステムと生活クラブ、どちらも多くの人に利用されている人気の生協の宅配サービスです。

生協によって、取り扱い品目や値段、手数料(≒配送料)、優待特典などが大きく異なるので「自分が生協の宅配に何を求めるのか?」によって、使い勝手の良し悪しが変わってきます。

パルシステムに申し込む

生活クラブに申し込む

宅配エリア

パルシステムと生活クラブの宅配エリア

◆パルシステム
首都圏と関東の1都10県(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡)

神奈川ゆめコープ 、パルシステム山梨、パルシステム静岡に加入している人が利用できます。

◆生活クラブ
21都道府県(北海道、青森、岩手、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、長野、山梨、静岡、愛知、滋賀、京都、大阪、奈良、兵庫)

生活クラブは21都道府県、32の生協にて構成されている連合会で、同じ県に複数の生活クラブがある場合も多いです。

生活クラブ

各家庭にお届けする「個別配送(個配)」が無く、班配送を利用する必要がある地域もあります。

取り扱い品目・値段

ネットスーパー

取り扱い品目・値段に関しての全体的な印象は「(高い・少ない)生活クラブ>パルシステム(安い・多い)」という感じです。

◆生活クラブ
「数ある生協で、最も食の安全性や品質に厳しい」と評判が高く「安心・安全」に徹底的にこだわっているのが、生活クラブです。

取り扱い商品は、毎週600品目以上あります。
他の生協の宅配と比較しても、取り扱い品目が少なく、値段は全体的に高めです。

◆パルシステム
パルシステムは産直を中心に、独自の基準をクリアしたオリジナル品を中心に取り扱っています。

コープデリやおうちコープのような生協と比較すると、品数は少なく、値段も割高な傾向にあります。

ただし生活クラブと比較すると「まだ安くて利用しやすい」という口コミを良く見かけます。

また離乳食や幼児食作りに役立つ子ども向けの食材や食品以外の日用品や雑貨類が豊富で、子育て世帯にも多く利用されています。

パルシステムや生活クラブでは、いずれも「資料請求」が行なえます。

利用案内のパンフレットやカタログなどが届くので、利用する前にどのような使い方ができそうか確認も可能です。

パルシステムに申し込む(無料)

生活クラブに申し込む(無料)

夕食(弁当)宅配

弁当

生協の宅配サービスの中には、料理キットや弁当などを週3日や5日の頻度でお届けする夕食宅配サービスが利用できる場合があります。

◆パルシステム

パルシステム千葉の夕食宅配

パルシステム千葉では「夕食宅配」が利用できます。

産直野菜や産直肉、産直米を利用した「こだわりパル御膳」など、お弁当やお惣菜を週3日または5日単位でお届けしてくれます。

他にも日替わりのサラダ、週替りのカットフルーツ、冷凍おかずなども注文できるので、日々の食事作りがかなり楽になります。

◆生活クラブ

ビオサポ食材セット

生活クラブでは、夕食宅配や弁当宅配の取り扱いはありません。

ただし一部の生活クラブでは、ミールキットの「ビオサポ食材セット」が注文できます。

2~3人分のメインディッシュが10~15分で完成する料理キットで、国産中心の食材と調味料、レシピがセットになっています。

ビオサポ食材セットのメニューは週替りで提案されるので、食べ飽きる心配がなく、仕事や育児で大変な時にも重宝します。

配達

子育て支援

基本的に週1回、決まった曜日と時間に自宅まで注文した商品を届けてくれます。

住んでいる地域によって、配達ルートが決まっている為、自分で希望の日時を選ぶことはできません。

◆パルシステム
パルシステムは「個人宅配」「ふれんどパル(2人利用)」「グループパル(3人以上利用)」の利用方法があります。

ふれんどパルは手数料が半額、グループパルは無料になる特典あり。

パルシステム東京では、一部地域限定ですが、最短で注文から3日後にお届け&希望日時が選べる「指定便」も利用できます。

こちらは「個人宅配」のみで、ふれんどパルやグループパルのように、人数による手数料の割引は受けられません。

◆生活クラブ
生活クラブは「個別配送」と「班配送」が利用できます。

班配送では、注文した商品が4%OFFになる特典があります。

手数料(システム利用料・配送料)

手数料、お金

生協の宅配で言われる「手数料」には以下の2種類があります。

  • 各種情報提供やシステム利用に関わる手数料(=利用料)
  • 宅配センターからの配達にかかる手数料(=配送料)

手数料は配達方法によっても異なりますが、今回は多くの人が利用する「個別配送」で比較したいと思います。

パルシステム:1回200円前後(子育て世帯は無料)

都道府県 基本手数料 利用金額割引 ベイビー&キッズ特典
東京 194円 5,000円以上:162円
12,000円以上:無料
母子手帳交付~1歳までは申請から26週間まで手数料無料
小学校入学前までは3,000円以上で無料
神奈川 216円 5,000円以上:108円
15,000円以上:無料
母子手帳交付~1歳までは無料
1歳~小学校入学前までは5,000円以上で無料
千葉 194円 6,000円以上:97円 母子手帳交付~小学校入学前までは3,000円以上で無料
埼玉 194円 無し 母子手帳交付~1歳未満:無料(出産前は申請後34週間、出産後は申請後26週間)
1歳~小学校入学前:5,000円以上で無料
茨城 200円 9,000円以上:半額
12,000円以上:無料
母子手帳交付日~出産後6ヶ月未満:申請から1年間無料
栃木 200円 9,000円以上:半額
12,000円以上:無料
母子手帳交付日~出産後6ヵ月未満:申請から1年間無料
群馬 206円 12,000円以上:無料 母子手帳交付日~出産後1歳未満:申請から6ヶ月間無料
福島 194円 無し 母子手帳交付~3歳未満:半額、5,500円以上で無料
山梨 194円 5,000円以上10,000円未満:108円
10,000円以上:無料
母子手帳交付日~産後1年の間:申請から16週無料
※双子以上の場合は24週
静岡 216円 8,000円以上:無料 母子手帳交付日~出産後1歳未満:無料

※表示金額は税込みです。

パルシステムは利用の有無に関係なく、毎週利用料がかかります。
生協の宅配を毎週ではなく、その都度利用したい人にとっては、ちょっと「うーん」と思ってしまいますね。

パルシステムには、スマホアプリで注文が完了する宅配サービス「タベソダ」もあります。

タベソダ

取り扱い品目は同じで、カタログの配布が無く、毎週の手数料がかからない(配達料が1回150円+税~180円+税かかる)のが特徴です。

ただし、各生協のベイビー&キッズ特典が受けられないので「子どもの成長に伴って、パルシステムの利用頻度が減ってきたらタベソダに切り替える」というのも一つの方法です。

生活クラブ:個別配送料が元々無料なことが多い

システム手数料=配送料です。

地域によって「一定金額(1回の注文で2,000円以上など)以上の利用で無料」「利用金額に関係なく無料または有料」「一定条件を満たした場合は無料」が違います。

パルシステムと宅配エリアが同じ、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、福島、山梨、静岡の場合は以下の通りです。

都道府県 個別配送の配送料
東京 利用額0円:無料
3,000円未満:150円
3,000円以上:無料
プレママ・ママ特典(妊娠中~小学校入学前):利用額に関係なく無料
新規加入後1年間:利用金額にかかわらず無料
神奈川 利用額0円~2,000円未満:100円
2,000円以上:無料
プレママ・ママ特典(妊娠中~2歳未満):利用額に関係なく無料
新規加入後1年間:利用金額にかかわらず無料
千葉 無料
埼玉 無料
茨城 無料
群馬 全域で個別配送なし
福島 月額400円(税込)
個別配送は福島市・郡山市の一部
山梨 無料
静岡 全域で個別配送なし

出資金

出資金の仕組み

出資金とは「生協のあらゆる事業(運営や商品開発など)の元手となる資金として使われるお金」のことです。

組合員登録時に必要になる他、毎月やその都度積み立て(増資)を行ないます。

生協によって出資金の金額や増資への強制力(任意ですが「お願い」の度合いが違う)が異なります。

◆パルシステム

  • 神奈川:1,000円
  • 静岡:1,000円
  • 山梨:2,000円

パルシステムは注文時に200円の積立増資を行ないます。

増資は「任意」なので、全く行なわなくても大丈夫ですが、増資を「0」にしないと自動的に200円が増資されます。

◆生活クラブ

  • 加入時:1,000円
  • 毎月1,000円の積立増資

生活クラブは「増資に積極的な生協」で、積立増資の毎月1,000円は、半ば強制的に行なわれます。

出資金は脱退時に全額払い戻しが受けられるので、一つの「へそくり」的に活用している人も多いです。

パルシステムと生活クラブでは、同じ条件下であれば毎月の出資金額は変わらないのですが、生活クラブは「増資が0にできない」という理由もあり、大きな金額が貯まりやすいと言えます。

ちなみに各生協の宅配に資料請求をする段階では「未入会」の状態です。

「カタログを見て、実際にどのような商品が注文できるのか知りたい」と資料請求をしても、出資金を支払う必要はないので、安心して申し込んでください。

パルシステムに資料請求をする

生活クラブに資料請求をする

注文方法

注文(注文書、ネット、電話)

◆パルシステム
インターネット注文(オンラインパル)、注文用紙、電話注文

◆生活クラブ
インターネット注文(eくらぶ)、注文用紙

インターネットからの注文締め切り日時を見ると、パルシステムの方が時間の猶予があります。

パルシステム:毎週の注文書提出日、翌日の13時まで
生活クラブ:毎週の注文書提出日、翌日の午前11時30分まで

いずれも届いた商品や次々回のカタログを確認した後に、次回分の注文が可能なので、注文用紙よりも使い勝手が良いと思います。

支払い方法

支払い方法 口座振替の引落日
パルシステム 口座振替(自動引き落とし)
クレジットカード
翌月6日
生活クラブ 口座振替(自動引き落とし) 毎月26日

基本的に生協の宅配の支払い方法は「口座振替」ですが、パルシステムはクレジットカード支払い可能なのが大きなメリットです。

カードブランドはVISA、JCB、American Express、Diners clubの4社に対応しています(MasterCardは非対応)。

クレジットカードを公共料金の支払いやインターネットでの買い物に使っている人は、1つにまとめておいた方が家計管理が楽だと思います。

ちなみに生協の宅配でクレジットカードが使えるのは「パルシステム」と「大阪いずみ市民生協」くらいしかありません。

パルシステムには500円ごとに1ポイント貯まり、1ポイント=1円で支払いに使える「ポイント制度」がありますが、クレジットカードは対象外です。

ただし支払いに使っているクレジットカードが「毎月の利用金額の1%がポイントとして貯まる」や「100円、200円ごとに1ポイント」など500円ごとに1ポイント以上貯まるのであれば、パルシステムのポイントよりもずっとお得なので、無理に口座振替にする必要性はありません。

パルシステムと生活クラブ、どちらを利用すべき?

意見

パルシステムと生活クラブのメリット・デメリット、そして各生協の宅配の利用が向いている家庭の特徴をまとめてみました。

pal-system150150

【メリット】
品数が多く、値段はそれほど高くない。
日時指定配達「パルシステムの指定便」が使える(東京のみ)。
夕食宅配でお弁当やお惣菜が注文できる(千葉のみ)。
タベソダを利用すれば、その都度の配達料だけで利用できる。
子育て世帯に嬉しい手数料無料特典が受けられる。
買い物ごとにポイントが貯められる。
クレジットカード払いが可能で、クレカのポイントが貯められる。

【デメリット】
注文しない週でも基本手数料がかかる。
手数料が半額や無料になる金額が「高い」。

【パルシステムの利用が向いている家庭】
食の安全性には、こだわりたいが食費は抑えたい。
妊婦さんや小さな子どもがいる子育て世帯。
クレジットカード払いで家計管理を一括したい。
買い物は生協の宅配で、ほぼ済ませたい。色々と買いたい。

seikatsu-club150150

【メリット】
食や生活の安心や安全にこだわった品物が注文できる。
加入後、1年間は手数料無料で使える。
注文しない週は手数料がかからず、毎回無料で使える地域が多い。
利用金額応じて手数料無料になる金額設定が「3,000円」と低い。

【デメリット】
品数が少なく、値段も割高。
夕食(弁当)宅配が一切ない。
毎月1,000円の増資がほぼ強制的にある。
子育て世帯への割引特典が無い。
群馬と静岡では個別配送が使えない。
クレジットカード支払いが不可。

【生活のクラブの利用が向いている家庭】
食の安全性や品質には特にこだわりたい。
手数料や配達料はいつでも無料の方が使いやすい。
こだわりの品は買い、それ以外は他で買う候補先がある。

パルシステムや生活クラブについて「より詳しく知りたい」という人は、資料請求をしてみて下さい。

お試しセットが注文できたり、人気商品がもらえたり、手数料が無料になる特典が付いていたりと、お得な特典が盛りだくさんです。

パルシステムに申し込みをする(無料)

生活クラブに申し込みをする(無料)