留守時はどうなる?オートロックのマンションで生協の宅配サービスを利用する10通りの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

オートロックマンション

生協で注文した商品は、宅配便と同じく、手渡しでの受け取りが最も手間がありません。
では事情があり「直接会っての受け取りができない」という場合、どうすれば良いのでしょうか?

オートロック無しのマンションやアパートであれば、玄関先などの指定場所に留置してもらえば良い話。
しかしながら、オートロック付きだと、配送員はエントランスまでは行けても、マンション内には入れません。

その為「今まで使っていたので今後も継続したいけれど、引越し先がオートロック付きのマンションになってしまった」「買い物が大変なので生協の宅配を頼もうと思ったが、オートロック式だから使えないのでは?」と悩む人も。

ではオートロック付きのマンションに住んでいる人が「生協の宅配サービスを利用したい」と思った時、どうすれば良いのでしょうか?解決策をまとめてみました。

オートロック付きマンションでの生協の宅配を使う

まずはマンションの方針を確認

マンションによっては「不在時はエントランスや玄関先に留置はできない」や「毎週定期的に届く荷物は宅配ボックスの使用不可」と方針を示している場合もあります。

利用を考えている場合は、まずは管理人さんや管理会社に「生協の宅配サービスを利用しても良いか?」の確認を取りましょう。

受取可能な配達時間に変えてもらう

生協の宅配サービスは、ルート配送でのお届けになるので、お住まいの地域によって、配達の曜日や時間帯が固定されています。

例えば日中にお仕事があったり、休みの日が不規則だったりすると「決まった曜日の昼過ぎにお届け」だと、どうしても手渡しでは受け取りにくいです。

しかも他の食材宅配サービスやネットスーパーとは異なり「平日限定」のお届けになるので、更に「難しいなぁ」と思う人も居るでしょう。

各生協に電話で問い合わせたり、資料請求の際に担当者に聞いてみたりした時に、自分が住んでいる地域の配達日・時間帯を教えてくれるはずなので「日中は仕事があるので、配達時間帯を●時以降にずらせないか?」とダメ元で相談してみることをおすすめします。

曜日変更は無理でも、時間帯であれば、多少の融通は効きやすいです。
もしその生協の配達日や時間帯が合わないとしても、お住まいの地域で同じく利用可能な生協があれば、そちらでも確認と相談をしてみましょう。

一口で「生協の宅配サービス」と言っても、生協ごとに配達に関する規約は異なる為、複数で比較してみると自分の都合に合った生協の宅配が見つかりやすいです。

宅配ボックスにお届けする

オートロック付きのマンションであれば、大抵の場合宅配ボックスが設置されています。

その為「留守時は宅配ボックスに入れてもらっている」という組合員も多いです。
宅配ボックスには冷蔵・冷凍機能は付いていませんが、生鮮食品や要冷蔵・冷凍品を頼んでも大丈夫。

保冷剤や蓄冷剤、ドライアイスが同梱されるので、鮮度を保ったままの状態で受け取れます。
直射日光も当たらないので、夏場でも使いやすいです。もちろん、配達の当日中には受け取ること。

注意したいのが宅配ボックスに注文した商品が入る為、お届けのことをすっかり忘れる事態も考えられます。
中にはこんなエピソードも。

また「宅配ボックスが全て使用されており、お届けができなかった」という可能性も否定できないので「宅配ボックスが使えなかった場合のお届け方法」についても良く相談しておくことをおすすめします。

またマンションによっては「過去に宅配ボックスへ食材が入ったまま放置されたことがある」という理由から、食材を宅配ボックスに入れることを禁止している場合もあります。

利用時の禁止事項に関しては、入居時や張り紙などで説明があると思いますが、不安に感じるのであれば、管理人さんや管理会社に確認しておくと安心です。

エントランス付近に留置き

「玄関先や宅配ボックスに置けない」という場合は、エントランス付近に置くのが定番。

マンションのエントランスは比較的に広いので、場所を取りやすい通い箱でも、比較的、置きやすいと言えます。
駐車場や駐輪場、バイク置き場なども置き場所として考えられますが、スペース次第という所でしょうか。

もちろん置けるかどうかは管理人さんや管理会社と要相談です。

同じマンションで利用する人に開けてもらう

同じマンションに住んでいて、生協の宅配を利用している人がいれば、その人にオートロックを開けてもらい、玄関前に留置きをしてもらう、という方法もあります。

担当者であれば同じマンションで利用者がいるかどうかは分かっているので「既に利用している人がいるので、在宅がなくても大丈夫です」と言ってもらえることも。

誰にも開けてもらえなければ「宅配ボックスまたはエントランスに留置き」という形になります。

常駐の管理人さんに頼る

マンションに管理人さんが常駐している場合は「オートロックを開けてもらう」または「管理人室で注文した商品を預かってもらう」ことが可能かもしれません。

休日はともかく、平日の日中であれば管理人さんが常時いる場合が多いです。
配達の時間帯を管理人さんが居る時間帯とに合わせれば、かなり生協の宅配が使いやすくなりますね。

もちろん管理人さんには事情を説明した上、可能かどうかを相談することを忘れずに。

グループ宅配を利用する

同じマンションや近所で生協の宅配サービスを利用している人がいる場合、グループ宅配を頼むという方法もあります。

グループ宅配は宅配手数料が半額や免除になったり、利用代金が数%安くなったりする特典も付いているので、個別宅配よりもお得に買い物ができます。

お届け先が一ヶ所になるので、一緒に利用している人に自分の注文した商品を預かってもらえれば、オートロック云々で悩むこともありません。

同じ地域で家族や親戚、友だちが住んでいれば、利用する価値は高いですね。

近所に知り合いが居ないと使いにくい方法ですが「近くで宅配を頼んでいる人を、生協の人に紹介してもらった」という話も……。

ステーション受け取りを指定する

お住まいの地域によっては、地域の商店やコープの施設(宅配センター、店舗など)で「ステーション受け取り」が利用できる場合があります。

コープステーションまで足を運ぶ必要はありますが、営業時間内であれば自分の都合の良い時間に受け取りが可能&手数料は無料なのは魅力的ですね。

ステーション利用時に注文書を提出すれば次回の注文もOK。
「同じマンションに住む人の迷惑になりそうだから、生協の宅配は難しいな……」と思う人は、近くにコープステーションの有無を確認してからでも遅くはありません。

保冷箱・通い箱の回収はどうする?

使用済みの保冷箱・通い箱は、配達日に玄関先やエントランスなどに置けば、不在時でも回収してくれます。

最も確実に回収できるのが、エントランスや駐輪場・バイク置き場・駐車場など、オートロックを解除しなくても入れる場所に置くこと。

ただし人目に付く所に大きくて場所を取るものを長時間放置することになるので、回収場所についても生協と管理人さん・管理会社とで良くよく確認する必要があります。

注文に関しては記入済みの注文用紙を同梱すれば、配達時に一緒に回収してくれるので問題はありません。

最近は注文用紙よりも、注文締切時間が長い「インターネット注文」を利用する人も増えているので「保冷剤や通い箱はエントランスに置く。注文はネットで済ませる」という方法もあります。

生協のネットスーパーサービスを利用する

一部の生協では生鮮食品や日用品などを、最短で当日にお届けするネットスーパーも利用できます。

希望の曜日・時間指定も可能なので「自分の都合の良い時間に受け取りたい」という時の使い勝手は抜群に良いですね。

生協のネットスーパーは「各コープの店舗で取り扱っている商品をお届け」という形になるので、カタログに掲載された商品は基本的に取り扱っていません。

利用前には「自分は生協で何を買いたいのか?」を良く考えておきましょう。

またパルシステムは東京の一部地域で、指定した曜日・時間帯にお届けする「指定便」のサービスも行なっています。

まとめ

オートロック付きマンションの場合、他よりもセキュリティや規約がしっかりしている場合が多く、生協の宅配サービスが使いにくく感じている人も少なくありません。

マンションによって利用の是非は分かれるので、今回紹介した方法を参考にして、まずは「生協の担当者」や「管理人さんや管理会社」と相談してみることをおすすめします。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや