焼きナスが美味!Oisixのシフォンなす(ひごむらさき)でふわっふわ食感を味わおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

シフォンなす(ひごむらさき)

夏や秋はなすがとっても美味しい時期ですね。
食材宅配Oisixでは「トロなす」「さしみなす」「シフォンなす」のTop3が人気。

その中で最も大きくて、ふわっふわな食感で大人気なのが、今回紹介する「シフォンなす」です。

熊本県の在来種&伝統野菜である「熊本赤なす」を品種改良して作られた「シフォンなす」は、柔らかくアクが少ないので、生でも焼いても美味しく食べられます。

Oisix以外だと「ひごむらさき」という品種名で広く流通しています。

シフォンなすの特徴

シフォンなすは、赤紫色の皮にずんぐりとした見た目。
サイズは約30cm!と、一般的なナスの2~3倍以上の大きさが最大の特徴です。

実際に購入した人の画像を見ると、その巨大さが良く分かりますね。

食べ方

シフォンなす(ひごむらさき)は、生でそのまま食べたり、焼いたりすると、甘くてトロットロ、ジューシーな味わいになります。

アクが少なく甘みがあるので「ナスは加熱した料理しか食べたことが無い」という人は、試しにそのまま食べてみてはいかがでしょうか。

中身が柔らかい分、残念ながら煮物には不向き

普通のナスと同じような料理方法で良いのですが、シフォンなすの特徴を活かして、より美味しく食べられるレシピをいくつか紹介します。

1本が非常に大きいので、色々な食べ方を試してみて下さい。

生でそのまま

アクが少ないので、面倒なアク抜きは不要。

皮を剥いて野菜スティック状に切ったり、薄くスライスしたりしたものを、ドレッシングやディップ、マヨネーズなどを付けて食べます。

ゆでナス+タレ

「ナスを生で食べるのはちょっと……」という人は、ゆでナスをおすすめします。

皮を剥き、食べやすい大きさに切って、数分間ゆでた後、水気を切り器に盛り「めんつゆ+かつお節」「ポン酢」「ゴマだれ」など、お好みのタレやドレッシングをかけて食べます。

ゆでた後すぐに氷水に入れて冷ますことで、綺麗な黄緑色になるので、冷シャブと合わせても美味しいですね。

焼きナス

ヘタを包丁で切り、ナスの表面全体を水で濡らした後、事前に熱しておいた魚焼きグリルやオーブントースターに入れて、両面が焦げるまで焼きます。

※焼く前に水でナスを水で濡らすことで、きれいに皮がむけやすくなります。

中まで火が通ったことを確認したら、ナスを取り出します。
手に氷水をつけながら手早く皮をむき、食べやすい大きさに切って、皿に盛り付けます。

後は、生姜醤油やポン酢など、お好みの調味料をかけたら完成。

シフォンなすは非常に大きいので、台所にある魚焼きグリルやオーブントースターに入り切らないかもしれません。そういう場合は、輪切りに切って、フライパンで表面をこんがり焼いてみると良いです。

びっくりサイズ!シフォンなす肉詰め

Kit Oisix(きっとおいしっくす)

「20分で主菜と副菜が2品作れる」と人気のKit Oisix(きっとおいしっくす)には、シフォンなすを使った料理キットも登場。

ふわっふわトロットロの肉質のなすにジューシーなひき肉を詰めた「シフォンなす肉詰め」が作れます。副菜は「伝統野菜おかひじきとレタスのサラダ」です。

「美味しくなすは食べたいけど、何を作って良いか分からない」「手間なく料理を作りたい」という人は、是非とも利用してみて下さい。

びっくりサイズ!シフォンなす肉詰め(3人分)は、おいしっくすくらぶのKit Oisixコース専用キットなので、利用の際はおいしっくすくらぶへの会員登録が必要です。

シフォンなす(ひごむらさき)の出荷期間は7月~10月と、夏秋に購入できます。

値段は普通のなすと比較すると割高ですが、お試しセット(送料無料)に入っていることも多いので「ちょっと食べてみたい」という時に手頃な値段で試せます。

特になすが美味しい時期に、とびきりボリューミーでジューシーなシフォンなすを味わってみてはいかがでしょうか?

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや