激甘!農家オブザイヤーを受賞したピクシータンジェリン

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

ピクシータンジェリン

ピクシータンジェリンは、カリフォルニアで生産されている柑橘系(かんきつ)の果物です。
アメリカで人気が高まっていましたが、食材宅配の「オイシックス」が取り扱いをはじめたことがきっかけで、国内でも最近話題となっています。

衝撃的においしかった柑橘」、「こんな甘いの、食べたことがない!!」とネットでも評判です。

おいしっくすで取り扱いを始めた結果、購入者が殺到し、同社の「農家・オブザイヤー 総合部門 銅賞」を受賞し、春のフルーツNo.1にも輝いた実績があります。

どんな果物なの?

ピクシータンジェリンの「ピクシー」は、海外で「妖精」を意味します。
(ポケモンにもピクシーというキャラクターがいましたよね^^)

妖精のように小さく可愛らしいサイズで、見た目は卵よりも小さく、温州みかんのSサイズと同じぐらいの大きさです。

サイズは小さなミカンのような感じですが、ピクシータンジェリンはとにかく甘いのが特徴で、ネーブルのような濃い甘さが口いっぱいに広がります。

ピクシータンジェリンは糖度15度

ピクシータンジェリンの糖度は15度以上と言われており、とにかく甘いです。
糖度15度以上は、メロンやマンゴーに匹敵する甘さになります。

ピクシータンジェリンの食べ方

ピクシータンジェリンは温州みかんよりも少し皮が固いのですが、そのまま手でむいて食べることができます。

ミカンのようにタテに皮をむくこともできますが、りんごのようにピクシータンジェリンをヨコに回しながらだと、手で綺麗にむけます。
種もないので、みかんを食べる感覚でジューシーな甘さを楽しめます。

また、絞ってジュースにすることも可能です。
ピクシータンジェリンをジュースにして飲む場合は、包丁などで半分に切って絞ったり、他の果物とミキサーやジューサーで混ぜ合わせたりして作ります。

オイシックスで取り扱っているピクシータンジェリン

オイシックスで取り扱っているのは、カリフォルニア産のピクシータンジェリンです。

「外国産の食材」と聞くと不安に思う方もいるかもしれません。
しかし、そこは安全な食材を届けるオイシックスが取り扱っている安心感があります。

オイシックスで扱っているカリフォルニア産のピクシータンジェリンは、農薬や放射能などすべてにおいて厳格に定められた、「Oisix基準」をクリアしています。

また、生産者は「ジム・チャーチルさん」という方で、どこの畑でどの農家の方によって作られたピクシータンジェリンなのか、ハッキリとわかるようになっています。

ここまで明確な生産地、生産者がわかることが、オイシックスの安心感の魅力だと思います。

ピクシータンジェリンは、1袋(10個入り)で658円+税で販売されています。
一度買ってみると、本当に甘いですよ。

期間限定なのでお早めに

ピクシータンジェリンの旬は4月です
4月から最大で7月ぐらいまで味を楽しむことができますが、おいしっくすでも人気の食材となっているので、4月限定で販売されるケースが多いです。

ピクシータンジェリンはカリフォルニアで一部の生産農家だけが作っている食材なので、希少性が高く、日本ではほとんど出まわっていません。

ピクシータンジェリンがまだ残っていたらチャンス、売り切れる前にお早めに購入することをおすすめします。

おいしっくす
らでぃっしゅぼーや