人気の野菜・食材特集

焼き芋や料理に適したさつまいも5種類!スーパーで見かける人気品種の値段や時期は?

さつまいもの種類

さつまいもは、女性の美容と健康に役立つ栄養価を多く含む根野菜です。

さつまいもに含まれているビタミンCは、加熱しても壊れにくいので、地味にビタミンCが取りやすい野菜でもあります。

他にもβカロテンやビタミンEも多く、ビタミンCとの相乗効果で、活性酸素から体を守り、生活習慣病の予防にもなります。

市場に出回っているさつまいもの種類は非常に多く、スーパーでたくさんの品種が並んでいると、何の料理に使うのが良いか悩んでしまうこともあります。

今回はスーパーで見かける機会の多い「紅あずま」「高系14号(鳴門金時、宮崎紅)」「安納芋」「紅はるか」「シルクスイート」について紹介します。

紅あずま

紅あずま

色:濃赤紫色
果肉:濃黄色(加熱すると黄色)
食感:ホクホク・少しねっとり。甘味が強く、繊維が少ない。
時期:9月~2月
値段:1本198円+税
料理法:料理全般、焼き芋、ふかし芋、お菓子

紅あずまは関東の代表的な品種で、茨城県や千葉県が主な産地です。

生産量が多く人気が高いさつまいもの一つで、多くの焼き芋屋さんで使用されている品種でもあります。

最近、色々な品種のさつまいもを使った焼き芋が出てきましたが「昔ながらの焼き芋」といえば、紅あずまをイメージします。

出始めの10月頃は甘さが少なく、12月~2月になると貯蔵されて熟したものが出回るので甘味が増します。

食感のバランスが良く、焼き芋やお菓子作り以外にも、さつまいもを使う料理全般に使いやすい品種です。

「さつまいもを使った料理を何か作りたいけど、具体的には何も考えてない」という時は、とりあえず紅あずまを選んでおけば応用がききます。

高系14号

鳴門金時

※画像は鳴門金時です

色:紫紅色
果肉:淡黄色
食感:しっとり系(ややねっとり)。甘味が強く、繊維が少ない。
時期:8~2月
値段:1本198円+税(鳴門金時)、1袋298円+税、398円+税(鳴門金時)
料理法:焼き芋、ペースト系の料理(ポタージュ、お菓子)

高系(こうけい)14号は、西日本で生産量が多いさつまいもの品種で「東の紅あずま、西の高系14号」とも言われています。

紅あずまと比較すると、皮や果肉の色が薄めです。しっとり感が強く甘さがあり、繊維が少ないので口当たりも良いです。

またさつまいもは2ヶ月ほど貯蔵した方が甘さが増しますが、高系14号は収穫したばかりでも、かなり甘味があります。

食べ方としては焼き芋以外にも、しっとり系で滑らかになりやすいので、ペーストにして料理(ポタージュ)やお菓子(スイートポテト、パイ、ケーキ)などにも使いやすいです。

「高系14号」の名前に聞きなじみが少ないと思いますが、これは各産地で独自の名称(ブランド名)が付けられていたり、高系14号系統の品種が店頭に並んでいるためです。

例えば高系14号の系統の品種としては以下のさつまいもが挙げられます。

  • 千葉紅(ちばべに)・大栄愛娘(たいえいまなむすめ):千葉
  • 五郎島金時(ごろうじまきんとき):石川
  • 鳴門金時(なるときんとき):徳島
  • 坂出金時(さかいできんとき):香川
  • 土佐紅(とさべに):高知
  • ことぶき・宮崎紅(みやざきべに):宮崎
  • 紅さつま(べにさつま):鹿児島

甘味が強いものが多いので、焼き芋やお菓子作りに向いています。

安納芋

安納芋

色:紅(安納紅)、淡黄色(安納こがね)
果肉:オレンジ
食感:ねっとり系。甘味が強い。、
時期:10月~1月
値段:1袋298円+税、398円+税
料理法:焼き芋、スイートポテト、きんとん

安納芋(あんのういも)は、鹿児島県の種子島が特産のさつまいもです。

ねっとりした食感と強い甘味が特徴的で「蜜芋(みついも)」とも呼ばれます。

果肉のオレンジ色はカロテンによるもので、色を活かしたい料理やお菓子にも向いています。

安納芋には以下のような品種が代表的です。

  • 安納紅
  • 安納こがね
  • 安納もみじ
  • 安納みつき
  • 灯籠蜜いも
  • フルーツこがね

紅はるか

紅はるか

色:赤紫色
果肉:黄白色
食感・味:しっとり系。甘味が強い。
時期:11月~1月
値段:調査中
料理法:焼き芋、蒸し芋、お菓子

紅はるかは2013年に登録された新しい品種です。

「紅芋よりはるかに甘い」が名前の由来だけあり、かなり甘いのが特徴的なさつまいもです。

収穫直後は少しホクホク感が出ますが、貯蔵することで、しっとり系になり、甘さも増します。

おすすめの食べ方は、何と言っても「焼き芋」です。
じっくり加熱することで、食べた時に結構な甘さを感じますが、後味は上品で食べやすいです。

紅はるかには、ブランド名がいくつかあり「甘太くん」(JA全農大分)、「紅天使」(株式会社ポテトかいつか/茨城)、「葵はるか」(宮崎串間市)が代表例です。

シルクスイート

シルクスイート

色:濃紅色
果肉:淡黄色
食感・味:しっとり系。非常になめらか。
時期:11月~2月
値段:1袋398円+税
料理法:焼き芋、ペースト状にする料理やお菓子

シルクスイートは2012年に登場した、比較的新しいさつまいもの品種です。

名前通り「絹のような、上品ななめらかさ」が最大の特徴で、繊維質を全く感じません。

同じしっとり系のさつまいもでも、甘さに関しては「安納芋」や「紅はるか」の方が甘みがあります。

焼き芋の他に、栗きんとんやスイートポテト、ポタージュなど、さつまいもをペースト状にする料理に最も使いやすいです。

美味しいさつまいもの選び方

さつまいもの種類

◆全体
色が鮮やかで両端がしなびておらず、ふっくらとした丸みがあるものを選びます。

◆皮
張りがあり、なめらかで、色が均一なもの。
皮には食物繊維やビタミン、ミネラル、アントシアニンなどが含まれているので、なるべく皮ごと食べた方が栄養価がアップします。

◆根
ひげ根が少ないものは、なめらかな口当たりになり、多いものは食物繊維が多くなります。

保存方法

さつまいもと新聞紙

寒さと乾燥に弱いので新聞紙に1本ずつ包み、冷暗所で常温保存します。

たくさん買ったり、収穫したりした時は、段ボール箱に新聞紙を敷いて、さつまいもを置き、上に新聞紙をかぶせて、冷暗所で貯蔵すればOKです。

さつまいもは貯蔵することで、さつまいもに含まれるアミラーゼの作用で、デンプンが分解されることで甘くなります。

収穫後すぐから甘い品種もありますが、基本的には日にちを置いた方が甘味が増します。

▼他にもさつまいもに関する記事はこのような記事も書いています。

らでぃっしゅぼーや