有機野菜に虫が混入している可能性を心配する

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

虫の混入

有機野菜とは、自然の力を最大限に使い、出来る限り農薬に頼らないで栽培された有機農産物のことです。

そこで心配される方も多いのが「虫の混入」です。
農薬を使っていないので健康的なのはわかるけど、有機野菜を買うと虫が混入しているケースが多いのではないか?

この問題は、まったく気にしない方がいる一方で、生理的にすごく気にされる方もいます。

口コミ情報を集めてみた

まず最初に、「無視が混入する例がどれくらいあるのか」調べてみました。

おいしっくすを1年利用した方の情報

有機野菜の食材宅配で、業界大手となる「おいしっくす」を、1年程度利用している方の話。

ちなみに、おいしっくすの公式サイトには以下の様な記述が見られます。

検品を強化することで、よりよい状態の商品をお届けできるよう取り組みをさせていただいております。

なお、『検品過程でも発見できない、葉の中等への虫の付着』に該当する場合は、保証の対象外とさせていただいております。

大地宅配を利用している方の情報

こちらも大手の「大地宅配」を利用している人の話です。

やはり、虫の混入によるクレームはとても多いようです。
食材宅配業者も、しっかりとそれに対応できるよう、出荷前に虫を取り除く作業をおこなっていますが、それでもまれに混入してしまうのが有機野菜です。

また、Twitterではこのような意見も見受けられました。

らでぃっしゅぼーやも同様

虫の混入はらでぃっしゅぼーやにおいても同様で、たまに虫が入っていることがあるという情報がありました。

虫の混入が悪いというわけではない

昔から、「虫が寄り付くのは健康な野菜の証拠」と言う意見もあります。

虫は、健康で安全な野菜にしか寄り付かず、むしろ野菜についた不純物を掃除してくれているという意見です。

虫食い

虫の混入とあわせて気になるのが「虫食い」です。
一般の農薬の野菜と比較すると、有機野菜は虫食いが多いのは事実です。

しかし、虫食いの時に野菜自身が身を守るために、「天然の農薬」を分泌するので、それほど虫食いは多くないと言われています。

どうやって虫の混入を防ぐ?

有機野菜を買った際、虫の混入を防ぐ方法はありません。
「有機野菜に虫は付くものだ」と割りきって購入を検討しましょう。慣れるしかないのです。

いくつかの対処法があるので、それらの方法で我慢するしかありません。

家庭菜園をはじめる

有機野菜の購入と一緒に「家庭菜園」をはじめてみてはいかがでしょう?

ガーデニングや家庭菜園をすることで、より野菜に対して興味が出てくるでしょうし、なにより家庭菜園を通じて「虫嫌いが克服できる」かもしれません。

根菜類だけを買う

虫の混入は、「ほうれん草」のような葉の野菜に混入しやすいです。

家庭のすべての野菜を有機野菜にする必要はありません。
それなら、人参やじゃがいも、大根といった、根菜類だけを有機野菜にすればいいのです。

このようなタイプの野菜には、虫は混入しようがありません。

虫を処理するためのアイデア

もし虫が入っていた場合は、「さいばし」や「ビニール手袋」を使って除去する。

虫が入っていなくても、有機野菜を買ったときは

というような作業をおこなうことで、少しでも虫との遭遇を避けられます。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや