有機肥料の成分偽装は何が問題?化学肥料との違いとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

有機肥料

野菜や果物、お米などの農産物や、植物を育てるのに欠かせない「肥料」。

植物の生育に必要な養分には、三要素(チッソ、リン酸、カリウム)と微量要素(カルシウム・マグネシウム・硫黄・マンガン・ホウ素・鉄・亜鉛・モリブデン・銅・塩素)があり、それらを肥料として使うことで、植物の生育を促進します。

肥料には大きく分けて「有機肥料」と「化学肥料(無機肥料)」の2種類があり、有機野菜や有機米で使われているのが「有機肥料」と呼ばれる肥料です。

有機肥料の種類

有機肥料では植物や動物の有機物※を粉末状や発酵させたものを、単体で使ったり(単一肥料)、混ぜ合わせて使ったり(複合肥料)しています。

※有機物:燃やすと水(水蒸気)や二酸化酸素が発生するもの。

資材には様々な種類がありますが、今回は有機肥料で使用される代表的な資源をいくつか紹介します。

yuuki-hiryou-1-1

【植物性肥料】

【動物性肥料】

植物油かす類

植物の種子(菜種や大豆、綿実、ごま、落花生、ひまわり、とうもろこし)や、米ぬかなどから油を絞って、残った油かすの総称です。

その中でも菜種油かすは、有機肥料の代表的な存在です。
植物の成長に欠かせない「チッソ、リン酸、カリ」を多く含んでおり、植物の生育と相性が良いことから、昔から良く利用されています。

植物の生育を促進するだけではなく、土壌の改善や土壌微生物を増やす役割も果たします。

草木灰

草や木を燃やしてできる灰のこと。

リン酸やカリウムを多く含みます。

草木灰に含まれる石灰(アルカリ性)成分は、酸性の土壌を中和させる作用があるので、植物を植える前の元肥や土壌改良に使われることが多いです。

魚粉

イワシやニシン、雑魚などの生魚を加熱して、圧搾機で油と水分を取り除き、乾燥させたもの。

動物系有機質肥料の代表的な存在です。

比較的、即効性があるタイプで、土の種類問わず効果があり、流出も少ない為、元肥と追肥の両方で活用できます。

魚粉は「作物の味を良くする」という効果があり、特に果樹園で重宝されています。

鶏糞

鶏やウズラなどの糞を、発酵・乾燥させたもの。「加工家きん糞肥料」とも呼ばれます。
牛糞や豚分よりも多くの養分を含む為、動物の糞では最も多く利用されています。

リン酸やカリの他にも、微量要素(カルシウムやマグネシウム、マンガンなど)を含む為、植物の生育に適した肥料の一つです。

骨粉

骨粉には「蒸製骨粉」と「脱膠骨粉」、「蒸製魚骨粉」などがあります。

「骨」という性質上、リン酸を多く含みます。
効き目がおだやかで、長期的に効果が続くのも特徴的です。

蒸製骨粉は牛や豚などの骨を砕いて、加圧加熱処理(蒸製)した後、脂肪と大部分のにかわ(ゼラチン)を除いたものです。ゼラチンを除いたものを「脱膠骨粉」と言います。

以前は「有機肥料の王様」と称されるほど、広く使われていましたが、BSE(狂牛病)問題が発生後は海外からの骨粉の輸入が禁止された為、ほとんど見かけなくなりました。

大型魚(サメやマグロ)の骨を蒸製した「蒸製魚骨粉」は、通常の蒸製骨粉の代替品として期待されている資源ですが、こちらの流通量も少ないです。

化学肥料と有機肥料の違いは?

yuuki-hiryou-2

原料

化学肥料は無機質※の原料を化学的に合成して作られます。
その為、「無機質肥料」とも呼ばれます。

※燃やしても水(水蒸気)や二酸化酸素が発生しない物質。

有機肥料は上記の「有機肥料の種類」でも説明したように、植物や動物の有機物を粉末状や発酵にしたものを原料に使っています。

生産量・価格

化学肥料は比較的、大量生産がしやすく、安価な供給が可能です。
化学合成で作られる分、品質が安定している為、貯蔵や運送のコストも安くできるのも、安くできる理由になっています。

有機肥料は原料の加熱や粉砕、発酵などの加工処理に手間と時間が掛かる為、生産量は少なく、値段も高くなりがちです。

効果

化学肥料には植物に必要な養分が化学的にバランス良く配合されており、吸収しやすい状態になっているので、即効性があります。

ちなみに成形や化学反応によって、持続効果が穏やかな肥料もあります。

チッソ、リン酸、カリの割合を変えれば、土壌や作物の種類・品種に最も適した肥料が作れる為、

有機肥料は、効き目はゆっくり穏やかですが、効果が長持ちするので、土壌改良や元肥として使われることが多いです。

また有機肥料を使うと、植物が土壌にある養分をより多く吸収しようと、根をすみずみまで張り巡らせる為、病気や害虫に強い植物が育ちやすくなります。

有機肥料の成分偽装は何が問題なの?

2015年11月、JA全農(全国農業協同組合連合会)を通じて、東日本の11県で販売された水稲・野菜用の有機肥料の成分が、10年以上前から偽装されていたことが明らかになりました。

偽造されていたのは「有機原料の配合割合」「記載以外の原料の使用」の2点。

具体的には

・有機成分が2.9%のはずが、実際は2.0%しか含まれていなかった。
・動物の皮を蒸して作った粉末状の有機肥料が、工場長の製造指示書に含まれていない。
・有機成分の不足分に化学肥料を充てていた。

などの問題が取り上げられています。

有機肥料の製造・販売は、どうしても単価が高くなることから「『コスト削減』を目的に行なわれた可能性が高い」としています。

有機肥料の成分偽装で、最も大きな問題なのが成分偽装の有機肥料で作られた農産物が「有機農産物」や「特別栽培農産物」として販売できない可能性があるということ。

yuuki-hiryou-3

有機農産物は「基本的に化学肥料を使わずに育てた作物」。
特別栽培農産物は「化学肥料のチッソ成分を通常栽培の50%以下で栽培した作物」。

成分偽装により「有機農産物」や「特別栽培農産物」の基準を満たさなくなる可能性が高いのです。

実際に農家の一部で成分偽装の有機肥料を使っていたお米を「有機米」や「特別栽培米」として販売することを一時休止・停止の措置を取っています。

参考記事:
社長が会見「10年以上前から全工場でやっていた」 農水省も立ち入り検査 – 産経ニュース

有機野菜の宅配サービスを行なう業者(Oisixやらでぃっしゅぼーや、大地宅配など)の公式サイトを見ると、今のところ、有機肥料の成分偽装に関するお知らせは出ていません。

ただし、今回の事件を受けて「有機栽培」や「特別栽培」で販売されていた商品が取り止めになったり、取引をしている契約農家さんとの影響が出たりする可能性は否定できません。

成分偽装を行なっていたのは、全国29の肥料会社で売上高9位。秋田県ではトップシェアを誇っていた肥料メーカーなので、影響力もなかなかなもの。

農業関係者だけではなく、消費者からは「何を信頼すれば良いか分からない」という戸惑いの声も上がっています。

今回の問題で気を付けたいポイントは「成分偽装の有機肥料を使うと農産物が全く育たない」、「化学肥料を使っていたから、食べると身体に害が出る」という話では無いこと。

私たちがスーパーで食材を選ぶ時「有機栽培だから」という基準で選ぶことが少なくありません。

ただ、単純に「有機」という言葉にとらわれず「自分が『信頼できる』と思ったお店や生産者から購入する」という考え方が、今後はより一層必要になってくるように思います。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや