食べても危険性はない?意外と知らない残留農薬の正しい知識まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

残留農薬とは

度々ニュースで「残留農薬」という言葉を見たり聞いたりする機会があります。

残留農薬とは、文字通り「農作物(野菜や果物、米など)に残った農薬」のこと。

「残留農薬は良く分からないけど危険なもの」というイメージだけを持っている人は多いのでは無いでしょうか?

食の安全性を考える上で、知っておきたい残留農薬について分かりやすくまとめました。

残留農薬とは?

農薬は病害虫や雑草などの防除や農作物の成長調整の目的で使用(散布)された後、すぐに消失する訳ではありません。

残留農薬とは「農薬を使用した結果、消失せずに農作物などに残った農薬」のこと。

農作物ごとに農薬の種類や散布される時期、回数は異なりますが、雨や風で飛散したり、日光や微生物によって分解されたりします。

その為「農薬を使う度に残留農薬が増えていく」ではなく「収穫前に散布されて、消失せずにそのまま残った農薬が残留農薬」という考え方が正しいです。

安全な範囲での農薬の残留基準とは?

残留農薬が人の健康に悪影響を与えないよう、農薬を登録する際には安全性に関する残留基準と審査が設けられています。

残留基準は農作物の種類ごとに設定されています。

(公益財団法人 日本食品化学研究振興財団では食品に残留する農薬等の限度量一覧表を公開しているので、詳しく知りたい人は参考にして下さい)

その理由としては、
1.残留濃度が同じでも、食事で「少量しか食べないもの」「大量に食べるもの」では、体内の摂取量が違う。
2.下ごしらえや調理方法で、残留農薬の落とせる割合が異なる。
という2つが挙げられます。

残留基準を決定するには、多くの時間と費用がかかる為、全ての農作物に残留基準は設けられていません。

特に指定されていない農作物の残留基準(=一律基準)は0.01ppm

「ppm」は見慣れない単位だと思いますが 「parts per million、100万分の1」という意味です。

一律基準の0.01ppmとは「100トンの農作物に1gの農薬が含まれる」を示します。
そう考えるとかなり少ない値ですね。
                                    
基準値を越えて残留する食品の販売や輸入は禁止されています。

人々の健康を守る為の指標として「1日摂取許容量、ADI(Acceptable Daily Intake)」があります。

1日摂取許容量とは「人が一生涯に渡って毎日摂取しても『健康上、悪影響が無い』と推定される化学物質の最大摂取量」のこと。

1日摂取許容量(ADI)
=毒性試験の検査から求められる無毒性量?安全係数1/100(種差?個人差)

日本人1人当たりの摂取が許容される量(人1日許容摂取量)
=1日摂取許容量(ADI)?日本人の平均体重(53.3kg)

私たちが農薬を摂取する経緯は、農作物だけではなく、空気や水からも考えられます。

残量農薬基準値とは

各農作物の残留農薬基準値は、1日に食べる野菜・果物から摂取する農薬の合計が、その農薬の1日摂取許容量の8割以内になるように設定されています。

現在、登録されている農薬(基本的に登録済み以外の農薬使用は禁止されている)は、ラベル表示された使用法を守っていれば、残留農薬が基準を越えて残り、健康上に被害を与える心配は無いです。

基準値を超える理由とは?

ただし実際に農作物から基準値を超えた残留農薬が検出されることはあります。

残留基準が定まっている農作物に農薬を使ったは良いものの、その農薬が基準値が設定されていない農作物に飛散などの理由で混入した場合、後者の農作物が基準値超えになる場合があります。

そもそも基準値の0.01ppmは、農薬が付着した手で農作物を触ったり、散布器具に残った農薬が農作物にかかったりする程度でもNGになりやすい、ごく微量の濃度です。

それ以外にも「農薬の使用方法を誤っていた」というケースも多いです。
自分では正しく使っていたと思っていたのに、抜き打ち検査で基準値超えが発覚するなど。

それらの事態が発生した際は、安全性に関係なく出荷が停止(自粛)されるので、私たちの手元に届くことはありません。

普段食べる分には基準値以下

では私たちは普段、どれくらいの残留農薬の摂取しているのでしょうか?

厚生労働省では「食品中の残留農薬の一日摂取用検査結果」を毎年実施しています。

2009年~2010年度に行なわれた食品中の残留農薬などの1日摂取量調査では、各食品群から47種類の農薬などが検出されました。

ただし「一生涯に渡って毎日摂取しても、健康に影響を与える恐れはない程度の量で、安全上の問題はないと考えられる」という報告がされています。

平成21~22年度食品中の残留農薬等の一日摂取量調査結果 – 厚生労働省(PDF)

たまに「○○○から基準値の2倍以上の残留農薬が検出された」というニュースを聞きますが、農薬によって残留の基準値は異なります。

その為「何の農薬がどの程度残留していたのか?」が分からないと、本当に危険性が高いかどうか判断ができません。

また基準値を大幅に超える残留農薬が検出された場合、ただちに出荷が停止されるので「健康を害するだけの残留農薬が付着した農作物を食べ続ける」という心配は特にありません。

ちなみに人1日許容摂取量は成人の平均体重を元に計算されている為、体重の軽い子どもには当てはまりません。

その為、農薬が与える影響を考えて「子どもの健康を考えて減農薬や有機野菜を買う」という家庭も多いですね。

農薬中毒の危険性は「低」

例えば私たちが農薬が付着したままの野菜や果物を食べたり、残留農薬が付いた農作物を飼料として使われた家畜の肉や牛乳を飲んだり食べたりしていると、いつの間にか農薬を摂取していることになります。

農薬が多量に摂取されると、呼吸困難や吐き気、腹痛、運動の麻痺などの神経症状が起こる「農薬中毒」になる可能性があります。

農薬中毒が起こるのは基本的に農薬を製造したり、農作物に散布したりする場合が多いのですが、中には残留農薬が原因になる場合もあります。

一度の摂取量が少なくても、毎日のように長期間摂取していれば毒性の影響を受けやすくなります。これが「残留農薬は危険だ」と言われる理由の一つです。

ただし現在使用されている農薬は水に溶けやすい性質を持ち、摂取しても尿として体外に排出されてしまうので、残留農薬が体内に蓄積される可能性は「低い」と言えます。

農薬は尿として体外に排出

残留農薬は簡単に落とせる

検査結果からも分かるように、農作物から農薬が検出されても健康への影響はほとんどありません。

また農薬の中でも病害虫を防除する殺虫剤や殺菌剤は、農作物の表面にしか散布されないので、残留農薬は農作物の表面に残りやすいという性質があります。

その為、水に溶けやすい農薬は下ごしらえの水洗い中に減り、皮をむけば農薬のほとんどが取り除けます。

一般家庭でも簡単にできる残留農薬の落とし方(下ごしらえ、料理方法)は以下の通り。

農薬の摂取を減らす方法としては、栽培中に使用される農薬量が少ない有機野菜や減農薬野菜(特別栽培農産物)を利用する方法もあります。

ただし、普通に水やお湯で洗って、料理をするだけでも残留農薬は落ちるので「絶対に無農薬野菜を買わないと残留農薬が危険」と神経質に思わなくても大丈夫です。

ポストハーベスト農薬との違い

残留農薬と一緒に問題視されやすい農薬に「ポストハーベスト農薬」があります。

ポストハーベスト農薬とは、収穫後に使用される殺菌剤や防カビ剤のこと。
主に輸入野菜や果物の品質を保つ目的で使用されており、定義上は「食品添加物」です。

残留濃度は基準値以下で1日摂取許容範囲内であれば、健康への影響はほとんどありません。

だだし栽培中に使用する農薬よりも濃度が強い薬剤を、散布したり浸けたりする分、残留農薬(=食品添加物量)は多くなりがちです。

残留農薬と同じく、水で良く洗ったり、外側の皮をむいたりすれば、ポストハーベスト農薬の摂取量を減らせます。

「たまに輸入野菜や果物を食べる」程度であれば問題ありませんが、食の安全性をより意識したい人は「ポストハーベスト農薬」に関しても知っておくと良いです。

詳しくは:実は輸入農産物は危険がいっぱい?ポストハーベスト農薬の問題とは

最後に

農薬は農作物を栽培するのに欠かせない存在です。

もちろん人間の健康を無視する訳にもいかないので、厚生労働省は「仮に毎日農薬を摂取しても健康上に悪影響が出ない」とされる1日の許容摂取量を定めています。

基本的に私たちの手元に届く野菜や果物は、残留農薬の心配がほとんど無く、仮に農薬が付着していたとしても、普段の下ごしらえや料理で取り除かれてしまいます。

残留農薬の問題を考えた時「残留農薬が気になるから野菜や果物を食べない」ではなく「どうやって毎日の食事から農薬を減らせるか?」を考えることが大切だと思います。

例えば「農薬の摂取量をなるべく減らしたい」という人は、有機や無農薬・減農薬(特別栽培農産物)の野菜や果物を選ぶこと。「基準値以下とは言え、輸入の野菜や果物は不安」と思う人は、国産農作物を買うようにするなど。

Oisixやらでぃっしゅぼーやなど有機野菜系の宅配サービスでは、取り扱う野菜や果物に対して、産地や生産者、どのような農薬を何回散布したかが分かるようになっています。

また水できちんと洗ったり、皮をむいたりするだけで、残留農薬やポストハーベスト農薬は取り除けるので「有機や無農薬以外の野菜は食べない」とは思わず、柔軟に対応していきましょう。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや