クリクラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

クリクラ

クリクラはウォーターサーバーや送料が無料で使えるお水宅配サービス。

入会金や解約金は一切ないので、通常支払うのは水の料金だけ。
専任の配送員が自宅まで定期的に届けてくれるので、残量を気にせず利用できます。

家庭以外にも美容室やエステサロン、クリニック、オフィスなど、様々な所で利用されています。「お店で良く見るウォーターサーバーは、これか」と気付いた人も多いのではないでしょうか。

「ウォーターサーバーには興味あるけど、本格的に使うのはまだ躊躇している」という人には、クリクラサーバーと12Lボトル1本を自宅まで届けてくれる「無料お試し」を体験してみてはいかがでしょうか。

クリクラ水の特徴

クリクラのお水

クリクラの水は各地域の原水を採水。

様々なフィルターを通して不純物が濾過された水に、ミネラル成分(カルシウムとマグネシウムが2:1)を配合、紫外線殺菌をした精製水タイプです。

コスモウォーターやクリティアのような天然水では無いので、利用の際は注意してください。

クリクラボトル(12L)の値段は1,250円+税
500mlペットボトルに換算すると1本約52円でかなり経済的です。

天然水タイプのボトルだと1つ1,800円~2,000円することを考えても、かなりリーズナブルに生活に取り入れられますね。

6Lと12Lのリターナブルボトル

ウォーターボトル

ウォーターボトルのサイズは、標準の12L、軽くてコンパクトな6Lの2種類が用意されています。

クリクラのウォーターサーバーは、上にボトルを設置するタイプなので、12Lサイズを持ち上げるのが大変だったり、重さに耐え切れず落としてしまったりすることも。

実際に「落として近くの家具を壊してしまった」という口コミもありました。 

「重いボトルを持ち運ぶ自信がない」「簡単にボトルを取り替えたい」という場合は、6Lタイプをおすすめします。

クリクラでは、飲み終わった水ボトルを回収して繰り返し利用する「リターナブルボトル」を採用しています。

他のウォーターサーバーで利用されている「ワンウェイ方式(空になった水ボトルはそのまま捨てられるタイプ)」とのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
・硬質プラスチックで水漏れや破損の心配が少ない。
・再利用されるのでゴミの削減や環境保全に繋がる。

デメリット
・使い捨てではないので、やはり衛生面が気になる。
・潰せないので空のボトルが場所を取りやすい。

放射能の心配なし

クリクラの理化学検査室では、原水や製品水に含まれている放射線量の検査を定期に行なっています。

放射性物質の検査結果はWebサイトで全公開。(クリクラ調査結果報告 – クリクラ

過去の検査結果を見ても、放射性ヨウ素や放射性セシウムは「検出されず」と記載されているので、特に妊婦さんや赤ちゃん、育ち盛りの子どもがいる家庭でも安心して利用できます。

置き場所に困らないウォーターサーバー4種類

ウォーターサーバー

クリクラのウォーターサーバーは「クリクラサーバーL型とS型」「省エネサーバーL型とS型」の4種類あります。

大きさはL型「幅30.5cm×奥ゆき35.0cm×高さ99.0cm」、S型L型「幅27.0cm×奥ゆき46.0cm×高さ21.0cm」。

A4サイズの紙1枚分のスペースがあれば設置できるので、リビングやキッチンなど様々なスペースに置けます。

HEPAフィルター

ウォーターサーバーは水を出す際に、外気が必要ですが、空気中のゴミや粉塵が入ってしまうとかなり不衛生……。

クリクラにはクリーンルームでも使われる高機能フィルター「HEPAフィルター」が付いており、空気中のゴミ・粉塵を徹底的に除去した空気を取り込むので、綺麗で安全な水を長期的に楽しめます。

チャイルドロックで子育て世帯も安心

冷水コックは約4~10度。
温水コックは約75度~85度の水が出るように設計されています。

小さな子どもがいる家庭に導入する際、心配なのが「子どもの火傷事故」。

クリクラでは温水用コックにチャイルドロック機能を標準装備
解除に必要な操作が3回もあり、注水する際のレバー操作に必要な力が1歳児の力を越えるように設計されています。

「1~3歳児がチャイルドロックを解除して注水できるか?」という調査結果では、クリクラの解除率は0%だったことを考えても、かなり安全性が高いことが分かります。

冷水コックにもチャイルドロックが付けられるので「子どもが水遊びをして床がビショビショになった」という心配もありません。

気になる電気代は?

電気代

月4本の使用の場合の目安は、クリクラサーバーで月平均1,000~1,300円
クリクラウォーターサーバーで月平均535円です。

クリクラ省エネサーバーは、初回金7,000円(返金なし)かかりますが、11ヶ月以上継続利用すれば、トータルコストはクリクラサーバーよりも安くなります。

年1度の定期メンテナンス

定期メンテナンス

ウォーターサーバーは長期的に利用していると、汚れたり、不調が起きたりしてしまいます。

毎日飲む水だからこそ安全・清潔に利用できるように、クリクラでは年に1度、専門スタッフによる必ずメンテナンスを行なっています。

冷水コックや温水コックの交換や、劣化の恐れがあるパッキン類やパーツ類も専門スタッフが細部まで分解・洗浄・点検を行ない、安全に利用できるようにメンテナンスしてくれます。

宅配システム

ウォーターボトルは2週間に1度、専任の配送員が自宅やオフィスまでお届け。

他のウォーターサーバーのように、大手配送会社(例:ヤマト運輸)が届けるタイプでは無いので、配達日や残量を気にする心配が無いのがメリットですね。

不在時は指定の場所に留置してくれるので、留守がちな家庭でも利用しやすく、再配達を頼む必要もありません。

口コミ・評判

実際にクリクラで水宅配を頼んだ人の口コミや評判をまとめてみました。

らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
らでぃっしゅぼーや