お中元を贈る時期は6月下旬から、立秋を過ぎたら残暑御見舞に変更を

夏

お中元を贈る時期は、6月下旬から8月15日までの約1ヶ月間です。

上記の期間のうち、地域ごとに贈る時期の目安が違います。

  • 7月初旬から7月15日まで
  • 8月初旬から8月15日まで
  • 7月初旬から8月15日まで
  • 7月15日まで

東北や関東では、7月初旬から15日までが一般的です。この期間中に贈るのが無難です。

年々、お中元を贈る時期が早まっており、6月中に贈ることも増えてきました。

今回はお中元を贈るのに適した時期と、過ぎた場合の贈り方について取り上げます。

贈る時期は6月下旬~7月15日が無難

最近では、お中元を贈る時期は6月下旬から7月15日までが主流です。

主要な百貨店では、5月中旬頃から内覧会をしたり、インターネットで注文受付を始めたりしています。

お店によっては、先着注文で限定グッズをプレゼントするキャンペーンをしています。

すでに贈る相手や、贈り物がある程度決まっていたら、早めに注文した方がメリットが大きいです。

地域別に見るお中元を贈る時期の目安

お中元を贈る時期

関東や東北では、6月下旬~7月15日にお中元を贈るのが主流です。

そのため、ほかの地方からすれば「早すぎる」と思うかもしれません。

関西や九州では8月初旬から15日までに贈る方もいます。

これは、お中元は旧暦7月15日にあたり、旧暦に従って贈る地域では、7月ではなく8月になるからです。

ほかにも7月15日から8月15日までと、新暦から旧暦までのお中元の期間(1ヶ月間)に贈る地域もあります。

全国の地方別に、お中元を贈る時期の目安をまとめてみました。

北海道
7月15日~8月15日
東北・関東
7月1日~15日
関西
8月1日~15日
北陸
7月1日~15日
7月15日〜8月15日
中部・東海・中国・四国
7月15日~8月15日
九州
8月1日~15日
沖縄
旧暦の7月15日まで

贈る時期に悩むときは、

  • 関東の基準に合わせる
  • 贈り先の地方の基準に合わせる

のどちらかで選べば、大きな失敗はありません。

お中元とお盆の関係性

お中元は、もともと中国由来の行事です。

中国では1月15日を上元節、7月15日を中元節、10月15日を下元節といいます。この三元の日に、祖先の霊にお供え物をしたり、身を清めたりしました。

中元節の7月15日は、仏教のお盆(盂蘭盆会)と同じ日なので、日本では江戸時代には、先祖へのお供え物とともに、お世話になった人に贈り物をするようになります。

中元節もお盆も7月15日ですが、地域によって「新暦の7月15日」と「旧暦の7月15日(8月15日)」でわかれています。

お盆を新暦で行なう地域は、お中元も新暦(7月15日まで)、旧暦の地域はお中元も旧暦(8月15日まで)となり、違いが出てくるわけです。

主要百貨店のお中元ギフトセンサー会期まとめ

お中元の手配を、いつまでにすればよいのか悩んでいたら、百貨店のお中元の注文受付期間を忘れずに確認しておきましょう。

2019年度の、主要な百貨店のお中元ギフトセンターの会期は、以下のようになっています。

都道府県 店舗 期間
北海道 丸井三越札幌本店
札幌三越
6月12日(水)~8月5日(月)
6月1日(土)~8月11日(日・祝)
宮城 仙台三越 6月12日(水)~8月2日(金)
東京 日本橋三越本店
銀座三越
恵比寿三越
5月29日(水)~7月29日(月)
5月29日(水)~7月22日(月)
5月29日(水)~7月30日(火)
新潟 新潟三越 6月5日(水)~8月5日(月)
静岡 静岡伊勢丹 6月5日(水)~7月22日(月)
群馬 高島屋(高崎店) 6月5日(水)~7月17日(水)
岐阜 高島屋(岐阜店) 5月30日(木)~7月30日(火)
愛知 名古屋栄三越
星ヶ丘三越
5月29日(水)~7月28日(日)
6月5日(水)~7月29日(月)
京都 ジェイアール京都伊勢丹
高島屋(京都店・洛西店)
6月5日(水)~7月22日(月)
5月22日(水)~ 8月5日(月)
大阪 高島屋(大阪店・堺店・泉北店) 5月22日(水)~ 8月5日(月)
岡山 高島屋(岡山店) 6月5日(水)~ 8月5日(月)
広島 広島三越 6月11日(火)~8月4日(日)
鳥取 高島屋(米子店) 5月31日(金)~ 8月5日(月)
香川 高松三越 6月18日(火)~8月4日(日)
愛媛 松山三越 5月28日(火)~8月4日(日)
福岡 福岡三越 6月5日(水)~8月5日(月)

百貨店のオンラインショップでは、お中元の注文締め切り日は「8月6日」や「8月7日」が多いです。

8月15日までにお中元を贈る地域でも、注文が間に合うようにという配慮です。

お中元商戦が終盤に近づくと、早割などの割引サービスがなくなったり、注文可能な商品が減ったりするので、やはり早めの手配をおすすめします。

また時期を過ぎると、お中元として贈れなくなるため、悩んだときは6月下旬など早い時期に贈るのが安心です。

贈る時期を過ぎたら表書きを変える

のし紙の名称

お中元を贈る時期は地域差があるため、「贈る時期を過ぎた」の見極めが難しいところです。

百貨店のお中元ギフトセンターは、立秋あたりで会期が終了するため、それ以降はお中元として贈るのは不適切、と考えるのがよいと思います。

暑中御見舞・残暑御見舞

暑中見舞い

お中元の時期を過ぎてから贈る場合は、のしの表書きを「暑中御見舞(しょちゅうおみまい)」「残暑御見舞(ざんしょおみまい)」にして贈ります。

贈る相手が目上の方なら、「暑中御伺い」や「残暑御伺い」が丁寧です。

暑中御見舞立秋前日まで残暑御見舞立秋以降から8月末日までが目安です。

暑中御見舞
時期:7月20日から立秋前まで(8月6日頃)
残暑御見舞
時期:立秋(8月7日)から8月末まで

挨拶状の暑中見舞いを出すのも、梅雨明けから立秋前までと同じ時期です。

お中元を贈る時期を「6月下旬から8月15日まで」と考えていても、立秋以降は、残暑御見舞で贈る方が無難です。

立秋は、年によって日が違います。

2018年から2023年までの立秋の日は以下のとおりです。

  • 2018年・2020年・2021年・2022年:8月7日
  • 2019年・2023年:8月8日

「お盆の1週間前あたりが立秋」と覚えておくと、わかりやすいかと思います。

暑中御見舞、残暑御見舞ともに、ギフトの中身や予算はお中元と同じで構いません。

夏の贈り物で喜ばれる品物は、以下になります。

  • カタログギフト
  • 洋菓子
  • 肉・肉加工品
  • 酒類
  • フルーツ

一度きりの贈り物は御礼や無地のしにする

御礼

お中元を一度でも贈ると、今年のお歳暮、来年のお中元やお歳暮……と毎年贈り続けることになります。

そのため、この夏、お世話になった人へ、一度だけお礼の品を贈りたいときは、

  • 表書きを「御礼」にする
  • 表書きなしで「無地のし」だけにする

という形にします。

ギフト内容は、お中元と同じようなものも構いません。しかし、表書きだけは気をつけて下さい。

今後も定期的に贈り物をしたいけれど、お中元とお歳暮など年に2回贈るのが厳しいなら、お歳暮だけにします。

お中元は「1年の折り返し地点の夏に、上半期の感謝の気持ちを表したもの」、お歳暮は「1年の感謝の気持ちを表したもの」なので、お歳暮の方が優先度が高いです。

関連記事
この記事の執筆者
昼時かをる 執筆者のおすすめ記事を読む
はじめての有機野菜と食材宅配の管理人を務めています。様々な食材宅配サービスやデリバリーサービスを体験し、気づいたことや学んだことをわかりやすく伝えていきます。どうぞよろしくお願いします。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。(2019年7月5日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら