スティックセニョールとブロッコリーの違いは?栄養満点な旬レシピ

スティックセニョール

スティックセニョール(茎ブロッコリー)は、中国野菜のカイラン(芥藍)とブロッコリーを掛け合わせたアブラナ科の野菜です。

花蕾(花のつぼみ)が小さく、茎が長いのが特徴で、花蕾は柔らかいブロッコリー、茎はほのかに甘くアスパラガスのような食感が楽しめます。

サラダやスープの具材には花蕾、肉巻きや炒め物には茎を使うなど、1つの野菜で2種類の食べ方ができます。

スティックセニョール(茎ブロッコリー/ブロッコリーニ)の特徴

スティックセニョール(ブロッコリー✕カイラン)

スティックセニョールは、日本で開発されたハイブリッド野菜の一つです。

当時は「ブロッコリーニ」という名前で売り出されましたが、あまり普及しませんでした。

その後、アメリカに輸出して人気が出たのを切っ掛けに、日本に「スティックセニョール」として逆輸入されました。

野菜名(野菜の品目)としては「茎ブロッコリー」や「ブロッコリーニ」で、その中でも代表的な品種がスティックセニョールです。

他にも「グリーンボイス」や「スカーレットダンス(花蕾が紫色)」などの品種があります。

カロテンやビタミンCなど抗酸化成分が豊富

ビタミンとミネラル

茎ブロッコリーはブロッコリーと同じく緑黄色野菜で、抗酸化作用の高いβカロテンが豊富に含まれています。

他にも免疫力のアップや美肌に欠かせない「ビタミンC」、体内の余分な塩分を排出させる「カリウム」、丈夫な骨を作る「カルシウム」、貧血の改善・予防効果のある「鉄」、便秘改善に効果的な「食物繊維」などが多いです。

そして見逃せないのが、ファイトケミカル(植物に含まれる天然の化学成分)の一つ「スルフォラファン」も含まれています。

スルフォラファンは辛みの成分で、抗酸化作用や解毒作用があります。

体内の活性酸素を除去したり、有害物質を無毒化して体外に排出したりする働きがあり、抗がんなど、様々な病気の予防・改善効果が期待されています。

ちなみに、茎ブロッコリーは花蕾部分に果糖が多く、茎の部分には少ないのは、ブロッコリーとは逆です。

ブロッコリーとの違いは?

ブロッコリー

ブロッコリーは中心の花蕾(頂花蕾)を食べますが、茎ブロッコリーは中心の花蕾を大きくせず、脇芽から伸びる茎と花蕾を食べます。

茎が長く(長さ15~20cm、太さ2cm)、花蕾が小さい(500円玉くらいのサイズ)頃に収穫をします。

日本各地で栽培されており、主な産地は熊本県と静岡県です。

茎ブロッコリーが多く出回る時期は11月~3月で、寒冷地では5月から11月頃まで、温暖地は11月から3月頃まで栽培・収穫されています。

春野菜として茎ブロッコリー(スティックセニョール)が出回るのは、熊本県産が多いように思います。

選び方と保存方法

スティックセニョール

◆選び方
・つぼみの色が濃い
・黄色い花が咲いていない
・切り口がみずみずしい

◆値段の相場
1袋(5~6本入り):198円+税
※2018年1月末 近所のスーパー調べ

◆保存方法
ペーパータオルでつぼみ部分を包み、その上からラップで包み、ポリ袋に入れて、袋の口をしばり、冷蔵室に立てて保存します。

ブロッコリーと同様に、エチレンガスの放出量が多く、影響も受けやすいので、2重3重にカバーすることで日持ちを良くします。

葉野菜と同様に低温での保存が向いている野菜なので、野菜室よりも冷蔵室に入れるのが適しています。

スティックセニョールを使ったレシピ

スティックセニョール料理

茎ブロッコリーは、つぼみはブロッコリー、茎はアスパラガスと同じような感覚で料理に使えます。

海外では肉料理の付け合わせなどに丸ごと使うことが多いです。

気軽に食べられるのが「電子レンジ蒸し」で、茎ブロッコリーを洗った後、耐熱容器(シリコンスチーマーなど)に入れて、電子レンジで1分半~2分半ほど加熱します。

つぼみと茎の部分では固さが違うので、つぼみと茎を切り分けてから加熱した方が、それぞれ好みの食感に仕上がりやすいです。

後はマヨネーズやドレッシングをかければ、簡単にスティックセニョールのサラダのでき上がりです。

ブロッコリーと同じように、トマトやアボカド、じゃがいも、キノコ、ゆで卵、ツナ缶、チーズ、小エビ、マカロニなどと和えても美味しいです。

茎ブロッコリーに含まれるビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいので、サラダにする時は電子レンジでの加熱が向いています。

加熱後に水に浸けると、同じようにビタミンCが流出するので、そのままの状態で冷まします。

肉巻き・ベーコン巻き

スティックセニョールの茎は、アスパラガスと同じくらいの太さなので、肉巻きやベーコン巻きが非常に作りやすいです。

たんぱく質を含む食品と一緒に食べることで、スティックセニョールに含まれるビタミンCが、たんぱく質によるコラーゲン生成に役立ちます。

1本丸ごと加熱して、豚肉の薄切りやベーコンを巻きつけて焼いた後、食べやすい大きさに切ります。

◆材料
スティックセニョール:5本
豚バラ肉(薄切り)またはベーコン:5本
塩コショウ:少々

◆作り方
1.スティックセニョールを電子レンジで1分ほど加熱します。
加熱時間はスティックセニョールの太さや電子レンジのW数に応じて調整してください。
2.スティックセニョールに豚バラ肉やベーコンを斜めに巻きつけます。
3.フライパンに2を入れて、転がしながら全体に焼き色を付けます。
4.塩コショウを振り、2等分~4等分に切って、食べやすい長さに切り分けます。

ウインナーの炒め物

◆材料
スティックセニョール:5本
ウインナー:3~5本
オリーブオイル:大さじ1
すりおろしニンニク:適量
塩コショウ:少々

※鷹の爪や輪切り唐辛子を入れたり、ウインナーをチョリソーに代えたりするとピリ辛炒めに仕上がります。

◆作り方
1.スティックセニョールを4~5cm幅の食べやすい長さに切ります。
茎の太さにバラツキがある場合は、茎を半分に切ると、火の通りが均一になりやすいです。
2.ウインナーを斜め切りにします。
3.フライパンにオリーブオイルとすりおろしニンニクを入れて火にかけます。
4.スティックセニョールとウインナーを入れて炒めます。
5.火が通ったら、塩コショウで味付けをします。

関連記事
Oisix
コープデリ
生協・コープの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント