珍しい伝統野菜を通販で取り寄せ、食材宅配サービス業者3社比較

伝統野菜の通販

伝統野菜とは日本各地で昔から栽培されてきた野菜の在来品種のことです。

「ご当地野菜」とも呼ばれます。京都の「京野菜」や石川の「加賀野菜」などが有名です。

土地の気候や風土にあった作物が栽培され、郷土料理などで人々に親しまれてきました。

1970年代頃から、品種改良の発達、食生活の変化などの理由で、各地の伝統野菜は次々と姿を消していきました。

近年「伝統的な野菜を見直そう」という動きが高まり、地域おこしの一環として各地の伝統野菜がクローズアップされるようになりました。

伝統野菜を通販できる食材宅配サービス比較

伝統野菜(京野菜)

伝統野菜は量の確保が難しく、安定的な供給が難しい為、あまり市場に出回ることが少ない食材です。

有機野菜や減農薬野菜を取り扱う食材宅配サービスでは、この伝統野菜を扱っている所が多々あります。

「伝統野菜を買いたい」「珍しい野菜を食べてみたい」と思う人は、食材宅配サービスを利用してみるのも良いと思います。

らでぃっしゅぼーや「いと愛づらし」

いと愛づらし野菜

らでぃっしゅぼーやでは、伝統野菜や変わった野菜を2~3品詰め合わせた「いと愛づらし野菜セット」を販売しています。

以下のの基準に当てはまる野菜100品種を「いと愛づらし らでぃっしゅぼーや名菜百選」として選定、その中から旬の野菜をお届けします。

1.これまで見たことや食べたことがない珍しい野菜
2.各地方に伝わる伝統野菜
3.形自体が面白く、学術的重要性が高いと思われる野菜

いと愛づらし野菜セットで届く野菜としては、人気の伝統的京野菜「聖護院大根」、種子島特産品の「安納芋」、「わさび菜」、「島らっきょう」など。

珍しい野菜では、「カリフラワーロマネスコ」や「アピオス」も取り扱っています。

美味しい食べ方の案内付きなので、初めて見た野菜が届いても大丈夫です。

大地を守る会「日本むかし野菜」

日本むかし野菜

大地を守る会では、各土地に昔から伝わる野菜または果物を、1~3品セットにした「日本むかし野菜」を取り扱っています。

届く野菜は時期によって異なるため、季節や旬を感じながら野菜が食べられます。

例えば、春は「島らっきょう、おかのり、亀戸大根、ちりめん五月菜、茎立菜」、夏は「小布施丸なす、エゴマの葉、そうめんかぼちゃ、モーウィ、しまささげ」など、旬の野菜や果物を宅配します。

他にも「日本むかし野菜 きゅうり400g」や「なす300g」では、珍しい伝来作物のきゅうりやナスが入った内容になっています。

例えば、きゅうりは糠塚きゅうり(岩手)、高山きゅうり(岐阜)、ナスだと白長なす(鹿児島)、うす皮丸なす(山形)、白なす(埼玉)など。

配達される野菜の品種は選べませんが、美味しい食べ方が分かるレシピも載っているので、今まで味わったことのない珍しい野菜も美味しく食べられます。

Oisix(おいしっくす)「リバベジ」

Oisix(おいしっくす)は、珍しくて変わった野菜が買えることで人気の有機野菜系宅配サービスです。

その中で全国各地の伝統野菜を「リバベジ」のカテゴリで取り扱っています。

Oisixでは「リバイバルさせたい」と思う伝統野菜を「リバイバル・ベジタブル」、略して「リバベジ」と呼んでいます。

・地元では昔から食べられているけれど全国までは知られていない野菜
・品種的に栽培に手間がかかる野菜
・時代の流れとともに出荷が少なくなった野菜

……などを、主に単品注文できます。

ちなみにOisixで人気の野菜たちも、元々は「リバベジ」であることも多いです。

例えば、ハンダマ、信夫冬菜、大和真菜、曲がりねぎ、亀戸大根、岩国れんこん、古代れんこん、ピーチかぶ、安納いも、あんのん小蜜も、各地域で生産された伝統野菜です。

ピーチかぶは、以下の記事で詳しく紹介しています。宜しければ合わせてお読みください。

珍しい伝統野菜は「即買い」が鉄則

野菜宅配で野菜を持つ女性

有機野菜や農薬に頼らない野菜をメインに取り扱う食材宅配サービス業者が提供するだけあって、伝統野菜や果物の味は格別です。

ただし伝統野菜は生産している農家が少ないので、販売できる量に限りがあります。

その為、大きさがマチマチな野菜や果物が届いたり、すぐに売り切れになったりする可能性が高いです。

また野菜の旬の時期にしか販売しない品種も多いので、人気の伝統野菜や珍しい野菜を見かけた時は、買い逃がしがないようにしましょう。

関連記事
Oisix
コープデリ
生協・コープの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント