【新社会人・転職者向け】上司や取引先にお歳暮は贈るべき?値段や渡し方などビジネスマナーまとめ

会社関係の贈答品

新社会人になったり、転職で職場が変わったりすると、お中元やお歳暮は贈るべきか?に悩むケースが出てきます。

贈る理由としては、以下のような事情が挙げられます。

  • 日頃の感謝の気持ちを表すため
  • 職場や取引先との関係を円滑にするため

仕事関係でお中元・お歳暮を贈る際に気を付けたい、ビジネスマナーについて取り上げます。

まずは職場・取引先の規定を確認

就業規則

最近はコンプライアンス規定(法令順守)により、接待交際・贈答品の受け取りを禁止するところも増えています。

禁止する理由としては、

  • 会社や個人の金銭的な負担が大きい
  • 儀礼や虚礼を廃止したい
  • パワハラや贔屓などのトラブルを未然に防ぎたい

などが挙げられます。

特に公務員は利害関係者から金銭や物品を受け取ることが禁止されています。

主な公務員の仕事は以下の通りです。

国家公務員
国会議員、裁判官、裁判所職員、国会職員、自衛隊員、防衛省職員など
地方公務員
知事、市町村長、議員、県庁市役所職員、国公立学校の学長・校長・園長・教員(教師、幼稚園教諭、保育士、養護教諭、栄養士など)、警察職員、消防職員、国立病院の院長・医師・看護師など

ほかにも大手企業になると、社内外含めて贈答・接待の禁止を設けている場合が多いです。

利害関係者には、仕事の取引先・仕入先・契約先などが当てはまります。

一方で、親戚や親しい人など、利害関係者以外であれば、社会的儀礼の範囲内でやり取りが可能です。

勤務先や取引先が贈答禁止の場合は、お中元・お歳暮の時期になる前に伝達が来るはずなので、その指示に従います。

または、勤務先や取引先の贈答事情について、先輩や上司、取引先にさり気なく質問してみると確実です。

「弊社ではお中元やお歳暮は特に何も贈っていない」と返答があれば、無理に贈る必要はありません。

また異動や転勤・転職が多い職場だと、毎年贈り続けるのが難しい場合も考えられます。

そのような時は「御礼」や「お裾分け」など、お中元やお歳暮の形にこだわらない方が、気持ち的にも楽になります。

予算相場とおすすめのギフト

相場

職場や取引先で特にお中元・お歳暮の贈答が禁止されていない場合は、贈っても問題ありません。

ただし、お中元・お歳暮は基本的にお返しは不要なので、あまりにも高額なものを贈ると、相手に気を遣わせてしまいます。

また、毎年、同価格帯の贈答品を贈らないと失礼にあたるため、金銭・精神的な負担が大きくなり過ぎないように、予算を考える必要があります。

職場の先輩や上司、取引先に贈る場合の金額目安は以下の通りです。

  • 先輩・上司・取引先:3,000~5,000円
  • 特別にお世話になった方:5,000円~1万円

贈る人の年齢によっても相場が変わり、20~30代は3,000円前後、40代は5,000円が目安です。

ちなみにお歳暮は「1年間の感謝の気持ちを示す」ものなので、お中元とお歳暮、どちらか贈るだけで済ませたい場合は、お歳暮を贈ります。

お中元とお歳暮の両方を贈る場合は、お歳暮の金額を若干高くする(2~3割程度)ことが多いです。

個人宛に贈る場合は、家族構成やアレルギーと好き嫌いの有無を考慮します。

一人暮らしや単身赴任の方に食品を贈る場合は、食べる人数が限られるため、賞味期限が長く、1食ずつ食べ切れるギフトが喜ばれます。

常温保存が可能で賞味期限が長い
ビール、ジュース、日本酒、ドリップコーヒー
料理する手間がなく食べられる
缶詰、汁物、レトルト食品
場所を取らない
カタログギフト

ギフト券や商品券はもらって嬉しいギフトの上位に入る品物ですが「目上の人に金額が分かるものをあげるのはマナー違反」という意見もあります。

金額が分かりにくく、好きなものを自分で取り寄せられるカタログギフトを選ぶのが無難です。

取引先に贈る場合は、個人宛というより「職場のみなさんでどうぞ」のニュアンスが強いので、常温で日持ちがする個包装で分けやすいものが喜ばれます。

  • ドリップタイプのコーヒー詰め合わせ
  • 缶ジュース・お茶のセット
  • 日持ちのする個包装の洋菓子(焼き菓子など)

ホールケーキや果物など、切り分けや冷蔵庫で保存が必要なものは好まれません。

縁起が悪く、相手に失礼な印象を与える品物は絶対に避けましょう。

相手からリクエストがある場合は例外です。

クシ、シクラメン
死・苦をイメージさせる
彼岸花、鬼灯、ラベンダー
不吉な意味を持つ花・植物
ハンカチ、包丁、ナイフ、ハサミ
縁を切る意味合いがある
靴、靴下、時計、カバン、文房具、下着
目上の人に贈ると失礼

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

贈り方は手渡しまたは宅配

お歳暮

本来のお中元・お歳暮の渡し方は、事前に相手の都合の良い日時を聞き、持参して手渡すのが正式なマナーです。

贈答品を手配した際、持ち運び用の紙袋のほかに、もう一枚紙袋が付いている場合は、渡す直前に新品の紙袋と交換すると丁寧です。

手渡しする場合の所作は、以下のような順序で行ないます。

  1. 紙袋や風呂敷から贈答品を取り出す
  2. 相手にのし紙の表書きと名前が読める方向に変える
  3. 贈答品に両手を添えて渡す

渡す際に言葉を添えることで、より感謝の気持ちを込められます。

今年も大変お世話になりました。
心ばかりの品ですが、どうぞお納めください。

今年もお世話になり、ありがとうございました。
こちらは感謝の気持ちの品です。ご笑納ください。
来年も宜しくお願いいたします。

持参や持ち帰りが大変な重くてかさばる品については、宅配の方がお互いに助かります。

職場の先輩や上司に贈る場合は、自宅宛に贈ります。

年賀状などのやり取りがなく、送り先の住所が分からない場合は、素直に「日頃からお世話になっているので、気持ちばかりの品を贈りたいのですが、住所を伺っても宜しいでしょうか?」と聞きましょう。

取引先に贈る場合は、企業・支店・部署・個人によって、宛先の書き方が変わります。

企業宛は社長名、支店宛は支店長名、部署宛は部署長名で贈るのが一般的です。

特定の人にお世話になっていたり、懇意の担当者がいたりする場合は、その人宛に贈ります。

宅配を利用する場合は、品物が届く前に送り状を出すか、添え状を同封すると丁寧な印象を与えます。

上司宛の送り状の文例

拝啓 年の瀬も押し迫り、ご多忙のことと存じます。

いつも温かくご指導いただき、心から感謝しております。

暮れのご挨拶のお印までに、心ばかりの品をお送りいたしました。

どうぞご家族様でお召し上がりいただければ幸いです。

来年もよろしくお導きのほど、お願い申し上げるとともに、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

敬具

会社宛の例文

拝啓 師走の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

日頃より格別のお引き立てに預かり、心よりお礼申し上げます。

ご指導ご鞭撻をたまわりました御礼と年末のご挨拶を兼ねて、心ばかりの品をお送りいたしました。

ご笑納いただけましたら幸いです。

今後とも変わらぬお付き合いのほど、宜しくお願いいたします。

敬具

不在での返送に注意

宅配員

お中元やお歳暮を送る時期は、地域によってお盆休みや冬期休暇と重なり、長期的に不在にしている可能性も考えられます。

そのため、事前に在宅や営業している時期を確認して、その期間内に届くように手配します。

不在の場合、宅配ボックスがあれば、そちらに不在宅配になります。

一方、宅配ボックスがなかったり、商品が冷凍・冷蔵品という理由で、営業所で保管になる場合、保管期間が過ぎると差出人に返送されます。

ヤマト宅急便
7日間/クール宅急便は3日間
佐川急便
7日間/延長申請で14日間(1週間延長が可能)
郵便局
7日間

返送時に別途で送料がかかる場合もあるので、確実に相手が受け取れる日程を決めます。

また。保管期間中の品質は保証されません。

そのため、仮に受け取りまでに日数があっても大丈夫なように、生鮮食品や冷凍・冷蔵品ではなく、常温で日持ちするギフトを選ぶと安心です。

一度きりの贈答品は「御礼」が無難

御礼

職場や取引先との関係は、配置換えや転職・退職などで変わりやすいものです。

お中元やお歳暮は一度贈ると、毎年の恒例行事になるので、贈る側・贈られる側の双方で負担を感じないような配慮が必要です。

例えば、

  • 重大なミスをフォローしてもらった
  • 親身なサポートのおかげで契約が取れた
  • 仕事で必要な資格取得のために尽力してもらった

など、今年だけ特別にお世話になったことがあり、感謝の気持ちを示したい場合は、お中元・お歳暮ではなく「御礼」の形が適しています。

表書きは「御礼」、名入れは自身の氏名にします。

お中元やお歳暮の時期に贈る場合は、夏・冬ギフトから御礼の品を選ぶと季節感が出ます。

また贈る時期が決まっているお中元やお歳暮とは違い、日程に融通が利きやすいため、自身のタイミングに合わせて贈りやすいのもメリットです。

感謝の気持ちを伝える方法は、贈答品だけではなく食事をご馳走をするというやり方もあります。

「お世話になったから何か贈るべき」と頑なに考えず、柔軟に対応していきましょう。

関連記事
この記事の執筆者
昼時かをる 執筆者のおすすめ記事を読む
はじめての有機野菜と食材宅配の管理人を務めています。様々な食材宅配サービスやデリバリーサービスを体験し、気づいたことや学んだことをわかりやすく伝えていきます。どうぞよろしくお願いします。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。(2019年6月25日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら